30代の平均洋服代と節約術

見えないところにお金かけをかけない!洋服代を年間3万に抑えるテクニック

私の年齢は34歳です。現在の職業は販売員をしています。

パートで働いているため毎月のお小遣いは2万円です。

節約して余ったお金でご褒美を!毎月の内訳は?

私の一ヶ月の洋服代は三千円くらいだと思います。

毎月購入するわけではありませんので内訳としては年間合計から算出したいと思います。

年間合計額は3万6千円です。内訳としてはデニムパンツの洋服が3000円、Tシャツ類などのトップスの洋服が3000円、タンクトップなどのインナーの洋服が3000円でワンピースなど洋服が5000円です。

そして残りの2万円はちょっと高めの商品を購入しています。ちなみに今年はLeeのデニムパンツを購入しました。デニムパンツは仕事の時に使用するので約半年に一度は購入しています。半年を目安に色が薄れてくるからです。特に膝の部分の変色が激しいです。

他の部分はまだまだ履けそうな感じです。しかし膝の部分を白くしてまで履き続ける勇気はないので半年に一度購入しています。Tシャツなどのトップス系も仕事で使用するものです。仕事のユニフォームの中に着る物として使用しています。

夏は主にTシャツを着用しています。そして冬になると長袖のロンTと言われる種類の商品を着用しています。長袖のロンTに関しては1枚1000円くらいのものを購入しています。外から見えないので安くすませるように心がけています。

インナーについては結構ボロボロになるまで着るタイプです。しかし最近一気にボロボロになってきたのでまとめて買い直しました。

そしてワンピースも大体その年の流行りを取り入れたものをセールの時などに安くお得に購入しています。大体ワンピースは一年に1度は購入しています。

最後に一年間で余った金額で欲しいものを購入しています。なければ買わないこともありますが、一年間に一度はやはり欲しいものはあるので大体毎年ご褒美がてらに購入しています。

年齢が上がって意識が変わった。堅実な節約術

洋服代の節約術としてはやはり本当に欲しいものだけを購入するということです仕事の時に使用する洋服というのは必要最低限だと考えています。そのため仕事に必要な洋服というものはケチることはできません。

その他の洋服を購入する時に節約を意識するようにしています。本当に可愛い洋服はたくさんあります。見るとついつい欲しくなってしまいますので、なるべく洋服屋さんに行かないということを徹底しています。

若い時はよく洋服やさんに通い欲しいと思ったら迷わずに購入していました。しかし今は給料も限られていますし、可愛い洋服を着て出かけることも少なくなりました。そのためなかなか購入まで踏み切れないということが多くあります。

欲しい商品はたくさんありますが、本当に購入するべきなのかということを購入する前に真剣に考えるようになりました。特にセール中は安いからといって洋服を多く購入してしまいがちです。

しかし購入したはいいもののその後あまり着る機会がなかったという洋服が過去に幾つもありました。ですから年齢を重ねるごとに服の購入には慎重になりました。それが節約につながっていると思います。

欲しいものを欲しいだけ購入するというのは若いうちしかできません。年をとるにつれて悩むことも増えて着ます。また年相応の洋服をと心がけていると本当に買うべき洋服がわからなくなったりしてしまいます。

洋服選びは非常に難しいです。しかし悩んで購入するということはその洋服一つ一つに対して真剣に向き合っている証拠です。

実際に悩んで購入した商品というのは失敗がありません。洋服を購入する時に考えるという動作はとても重要なことなのだと考えさせられることが多いです。