主婦の洋服代と節約術

余裕はあるけどなるべく貯金したい。そんな主婦のための貯金テクニック

年齢は40歳、職業は看護師、毎月のお小遣いは5万円ぐらいです。

おこずかいは、できるだけ貯金に回したいと思っています。

もう着ないと思ったらすぐリサイクル!

洋服代としては、だいたい買いたいものがあるとすぐに買いたくなりますね。そのため、買いたい洋服があると高い価格であっても買うことがあります。

通常の一ヶ月の洋服代はだいたい3万円ぐらいです。毎日の通勤着として選ぶことが多いです。そのため、価格としてはやすいものをたくさん買いたいと思っています。

その内訳は、スカート、パンツ、ブラウスは毎シーズンとも買います。それは通勤着としてどうしても同じものばかりきることはできないので、そのように買う事になるのです。しかし、できるだけシンプルでやすいものを買うように心がけています。

年間合計額は、一ヶ月に3万円ぐらいでその他にも時々買いたいものを買うので、だいたい50万円ぐらいになっています。特に冬には、その金額があがります。それは冬服は、単価が高いものが多いからです。

また、数枚買うことが必要となります。寒さを凌ぐ洋服としても買うようになるので、どうしても高くなりますね。

そのほかには、その季節によってどうしても欲しいと思うものを買う事にしています。例えば、夏にはUVカット仕様のカーディガンやTシャツなどを買うことが多くなります。

パーカーなどの日焼け防止のために使うことがあるので買いますね。そして安いものをどんどん買いたいと思うので、一年きることを目標にして買うことにしています。流行があるので、その洋服も一年使うと、翌年はきることがで着ないこともあります。

そんな時には、リサイクルをすることにしています。

洋服は、自分をきれいに見せることが出来る、そんなものと感じます。しかもきちんとスタイルを決めることも出来るので、社会人としておしゃれをすることは、必須と考えています。

お得!?奇麗なうちにリサイクル

毎日生活をしていると、どうしてもその費用の範囲内で収まらないこともありますね。その時、何を削るかというと、やっぱり洋服になります。今月は結婚式があるので、洋服を買うことを控えておこうなど、そんな風に節約をすることにしています。

また、洋服代の節約術としては、不要となったものはできるだけ早い段階でリサイクルショップで買取依頼をしてもらうことにしています。それは毎年季節も考えて、出来るだけ高く買取してもらえる時に、依頼をするのです。

自分が着ないと思ったものは、ほとんど着ることがないのです。そのことを思うと、その早い段階でリサイクル店に依頼をするのは、とても良いことと感じます。そこで買取してもらったお金で新しい流行の洋服を買うこともできます。

また、洋服の節約術としてできるだけシンプルなものを買うことにしています。シンプルな色やデザインであると、コーデをしやすいからです。時々、その洋服を買った時でもコーデがしにくいので買ったものの、着ることができなかったというものもあります。

それはとても、もったいない事ですね。そのため、そのようなことがないように、手持ちの洋服と合わせやすいものを買うことにしています。

また、子供が20歳なのでその子供の洋服を一緒に使うこともあります。パンツなどは、使うことはできますね。サイズがだいたい同じなので、その点では一緒にきることができて、節約出来ると感じます。

洋服は、かなり安くなっています、以前と比べると、安くで良質なものが増えているのです。そしてそのような安くて良質なシンプルなものをかうと、高くて変わったデザインのものに挑戦をする気持ちが少なくなります。それは、当然のことと感じます。