主婦の洋服代と節約術

まだ子どもが小さい。そんな主婦の楽しみと節約

年齢は36歳、職業は専業主婦です。

子供が小さいので働きに出れず、ネットのアンケートやモニターが収入源です。夫の給料は家族のためだけに使っていて私の毎月のお小遣いは1万5千円前後です。

子育て中は下着が欲しくなる?

私の1ヶ月の洋服代は1万円程度です。

毎月服を購入しているわけではなく、気に入った服を見つけたときには1万円以上のものを買うこともあります。また、夫が超節約主義で子供の服は夫の給料からは本当に必要なものしか買わないので、私のお小遣いから子供服を買うことも多いです。

年間合計では12万~15万円ほど洋服代に費やしていると思います。内訳は私の衣服が5万円、子供服・小物が3万円、アクセサリーやバッグが5万円くらいです。

私の衣服は基本的なアイテムは一通りそろっているのでシーズンで小物を購入する程度です。最近では夏に向けて薄手のストールを購入しました。

昔は靴が大好きで靴には年間10万円くらいお金をかけていたのですが、現在は子供が小さいのでスニーカーが多くなりお金もかからなくなりました。それでもスニーカーを酷使しているので結構早く寿命が来てしまい、1年に2回は買う必要があります。

スニーカーはコンバースと決めていて、年間8千円くらい使っています。服には人よりお金をかけていないと思うのですがきれいな下着が好きで、5万円のうち少なくとも2万円は下着・部屋着に使っています。

育児中なので服でおしゃれができないぶん、女性らしい下着が欲しくなるのだと思います。それでも消耗品に2万円は使いすぎだと少し反省しています。

子供の服はネットでかわいいものを安く見つけると衝動買いしてしまいます。特に娘は息子のお下がりばかり着ているので女の子らしいワンピースが安くなっているとつい注文してしまいます。

着るものがないわけではないし、娘に頼まれたわけでもないので自己満足のために購入しているといえます。

アクセサリー、バッグも20代のころより買わなくなりました。アクセサリーはゴールドで3、4年後に着けていても恥ずかしくないようなものを選んでいます。また、バッグも長く使えるいいものを少しずつ買っています。

中古の高級ブランドに身を包む

私の洋服代の節約術はリサイクルショップを利用することです。特に好きなのはブランディアで状態のいいアイテムが安価でたくさんそろいます。

好きなブランドで検索することができ、いつでも空いた時間で掘り出し物を探すことができます。何度も買ったことのあるブランドの服ならサイズ選びで失敗する心配がなく、新品並みのコンディションのアイテムも半額以下で手に入ります。

ジョンスメドレーのニットなど憧れていて試着は何度もしたけれど購入できなかったようなアイテムも中古なら気軽に購入できます。なかには新品同様なのに定価の10分の1程度のアイテムもあって、普段から高級ブランドに身を包むことも可能です。

自宅で最高級品を着用していると育児に追われていても心が豊かになります。なので、リサイクルショップで高級ブランドの定番商品をこまめにチェックして、気に入ったものをワードローブに追加するようにしています。

質のいいものを買うことも最終的には節約につながると思います。丁寧に扱えば10年以上使えて着心地もいいです。普段から上質なものを着ていれば自然と上品な人間になれるのではないかと期待もしています。

基本的にはいつまでも着れるシンプルでベーシックなものが好きですが、友達に会うときなどには少し流行や季節感を取り入れるようにしています。ワンシーズンしか着れないものにお金をかけるのは嫌なので、流行物は安いお店で買います。

H&MやZARAは若い人向けのお店ですが、よく探せば30代でも手の出せるアイテムが激安価格で手に入ります。

また、使わないものをいつまでも取っておかないことも大切だと思います。若いころ使っていたブランドバッグやアクセサリーはほとんど手放しました。買った値段よりはもちろん下がりますが、洋服代の足しにはなります。

流行のデザインでもノーブランドのシルバーのアクセサリーにはほとんど値段がつきません。アクセサリーを買うときには売ることも考えて選ぶようにしています。