社会人男性の洋服代

買う前にコーデを考える。それ以外は買わない。20代のしっかり節約男子

年齢:22歳

職業:訪問介護士(勤務年数:1年未満)

毎月のお小遣い:4~5万円程度(ボーナス月はこれにプラスして2万程度)

季節ごとにまとめ買い!その内訳は?

1か月の洋服代は1万~3万円程度(ボーナス月はこれに+2万程度)
年間合計:25~30万

内訳:
季節の始まりに洋服をワンシーズン分購入する。
この時が一番出費が多い。5~10万くらい使うこともある。

その後は、買い物していて自分が気に入ったものを購入する。

1回の買い物でトップス2~3枚、ボトムス:1~2枚、アウター:1枚、アクセサリー:2つ程度購入する。また、お店は3~4店舗周り、その中で自分が興味を持ったり惹かれる商品を購入する。

季節の初めに2つ程度、ベースとなるコーディネートを完成させ、
その季節の間はそのコーディネートをもとにして少しづつ気になる洋服を付け足していき
レパートリーを増やしていく。

できるだけ、着回しができるように同じようなデザインの色違いを買っったりもする。
また、ファッションが単調にならないように、2つ程度でカテゴリー異なるものを買う。
長く着たいため、良い品質の物を買う。

よれたりするのが嫌なので、しっかりした生地でドレープ生地の物が多い。

アウターにお金をかけている。アウターは、着ている時に一番外気と触れるものなので
日が当たったり、雨に濡れたりしても傷みにくいものを選ぶため、割高になる。
それから、アウターは見た目にも大きく影響するため、自分で納得のいくデザインを見つけるまで
探し、それが買い物であっても購入する。

あとは、インナーにも気を付けている。夏は、白などの淡い色の服を着ることが多いため、
それに響かないものを選びたいため、普通のインナーではなく下に着ていても違和感の出ない、良いデザイン・素材のものを選んでいる。

それと、お洒落に使えるデザインになっているインナーも買っている。ただのインナーとしてではなく、コーディネートのアクセントにできるものを買ったりする。

とにかく無駄なものは買わないことと買い物前に決めること

洋服代の節約術として私がしているのは、無駄な洋服を買わないということです。以前は、買ったのに着ないままクローゼットに閉まっている服などが多く結局、他の服を新しく買い足しているというような状況でした。

本来ならかからなかったはずの洋服代がとても多くかかっていました。そこで、私は、買い物に行く前に、自分がこの季節に着たいと思う洋服はどのようなものなのか、一通りコーディネートしてから買いに行くようにしました。

そうすることで、的を絞って買い物をすることができました、無駄な商品を買ってしまうことが減りました。

今までは特に何も考えずに、ただ服が欲しいなぁという感じで買いに行っていたのでついつい欲しいと思っていたもの以外のものを買ってしまったり、コーディネートがまとまらずに、結局家にある洋服と合わない服を買ってしまうということが多く、捨てる服もたくさんありました。

しかし、買い物に行く前にコーディネートを考えていくことでそれが減りました。家にある服でどのようなコーディネートをするか、どんな洋服を足すといつもの格好がマンネリ化せずにいけるのか、などを考えるようになりました。

だから、買ってきたものの今持っている服と全然合わない服を買ってきてその買った服に合う洋服を買い足すということもなくなりました。

買い物に行く時に、あらかじめ考えたコーディネートを着ていくことで実際に自分が来てみたときのイメージもしやすくなります。実際に着合わせてみないと分からない色合いや質感もあるのでそこがちぐはぐになってしまうのを防ぐことができます。

せっかく買ったのに結局着ないままワンシーズンが過ぎていく、会う服がなくて着る機会がない、などでクローゼット内に眠るだけ眠って、結局捨ててしまうということを無くすことで着れる服も多くなり、レパートリーも増えました。

そして、洋服代も本当に自分にとって必要な額を見つけ出せたので無駄遣いがなくなりました。それと、うまい洋服の着回しができるようになったので、月々の洋服代を削ることにも意識が向くようになり、結果的に節約することにつながりました。