20代の洋服代と節約術

学生の一か月の洋服代はいくら?大学4年生のお財布事情と節約術

私の年齢は23歳です。職業は学生です。

就職活動が終わった4年生です。毎月のお小遣いはおよそ5000円ほどです。

学生一か月の洋服代はいくらになるのか計算した

私の1か月の洋服代は約2万円ほどです。内訳としては、春はTニットなどをメインに気軽に着用できるものの好んで購入したします。これらは1着当たり3000円ほどです。

 

ジャケットも購入することがあり、これはおよそ2万円前後のものを買います。夏はTシャツやステテコなどが中心となり、こちらは安価なため1着2000円ほどで、まとめて5~6着買うことが多いです。

秋から冬にかけては冷え込んでくるため、ダウンといったアウターを購入します。生地にこだわりたいため、1着3万円以上のものを買うように心がけています。そのため、月の洋服代を超えてしまうのですが、そこは他の月との合算で処理して計算しております。

年間問わず下着も購入するため、その費用でも月に3000円ほど使用しております。下着は使い捨てのため、そこまでお金はかけておりません。またジーンズも好きなため、よさげなジーンズがあれば年中問わず購入します。

また小物やアクセサリーといった品物も洋服のテイストに合わせて購入いたします。なお、6月の具体的な内訳は、Tシャツ3枚でおよそ7000円、ジーンズ1本でおよそ10000円、ステテコ2着でおよそ3000円といったところです。

安価なものはまとめ買いをして、高価なものはお金をかけて長く使うといった買い方をしています。

年間合計額は毎月2万×12か月で24万円ほどですが、アルバイト等で洋服に使えるお金が多くある場合や、どうしても高価な商品が欲しい場合は、月に2万円以上使うこともあるため、結果的に年間合計は30万円ほどになります。

例えば、6万円のジャケットが欲しいと思い、年末に買ったことがあるのですが、その場合は月の洋服代を大幅に超えた予算で購入をしました。

 

公式アプリで洋服代を節約?その方法とは

洋服代はどうしてもお金がかかり、財政を圧迫してしまします。私が取り入れている節約術として、まず各企業が出している公式アプリを使用しています。

公式アプリでは期間限定のセール品や誕生月にのみ使える割引クーポンなど、商品を安価に手に入れるためのサービスが日々配信されています。

定価で購入するよりもかなりお得となります。最高で50%オフで購入することが出来た商品もあります。他の方法としては、フリーマーケットアプリで洋服を購入することです。

店舗で購入した場合、どうしても高いような品でも、フリーマーケットアプリであれば、定価よりも安価に買うことが可能です。中古品であれば、定価の70~80%引で購入することも可能なので、節約術としてはかなりオススメ出来るのではないでしょうか。

また買ってみたもののいまいちだと感じる洋服や、ある程度着たことで飽きてしまった洋服などをフリーマーケットアプリで出品することも可能です。

出品して、お金を受け取ることで、そのお金を使って他の洋服を購入することも出来るので、ある意味節約術と言えるのではないでしょうか。

他の方法としては、雑誌を読んで自分なりに欲しい商品をイメージしたうえで購入することも節約術として挙げられます。

イメージを持たないまま購入してしまうと、他の洋服との組み合わせがいまいち決まらず、結果として使用する機会がないままという事態が起こり得るかもしれません。

予めイメージを持っておくことで、余計な洋服を買うことなく、自分が本当に欲しいと思える洋服だけを購入することが出来るため、洋服のセンスやセルフイメージを高めるだけでなく、余計な出費を抑えるという点でも節約術として有効ではないでしょうか。