30代の平均洋服代と節約術

30代女性の一か月の洋服代は?流行りに乗りすぎて損してない?

年齢は32歳、職業は派遣社員、毎月のお小遣いは正確には決めていませんが大体1万~3万円ぐらいで賄います。

一か月の洋服代と失敗談

洋服代として使うのは大体5000円から1万円程で、内訳としてはネット通販が大半でたまに時期的にバーゲンに行くぐらいです。年間合計にすると年ごとにランダムではありますが、5万も行かない年もあればそれこそ買いすぎたなと反省した年は8万ほどでしょうか。

大体買うものは流行りもの洋服7割に対して定番洋服3割なので、流行りが終わって使えそうなものは残しますが使えないものは捨てます。で、数年したら定番だと思っていたものもくたびれてくるのでそれを入れ替える気で捨てて買うのでその場合は結構金額が行ってしまいます。

また、最近では質のいいものを買うように心掛けているので洋服の単価が上がりましたし、洋服の持ちもよくなりました。

そういう風に心がけていると持ち物は少なくなってくるのに質が良いのでくたびれる頻度が下がったので洋服代は年齢とともに下がってくる傾向にあるのでここ5年以内では年間合計は5万以内で収まっていることが大半です。

流行りものは自分に似合うものと似合わないものもあるので最近では試着して出来るだけ買うか、似たような物を実際に試着してからネットで買うようにしています。

昔はいきなり欲しいものでも試着せずにネットで買っていたのですが、お金も無駄だしタンスの肥やしも増えて着ないまま捨てることも多かったので出来るだけタンスの肥やしを増やさないように着回しできそうなものを選んで買ってはいるつもりです。

たとえば夏はそれ一枚でもOKなものを秋から冬場には中に一枚足したり、上に一枚足せば年中着回しが出来そうなものを選んでいます。また、家族や友人の意見をよく聞いて本当に似合って着回しできそうかを相談してから買うようにしています。

お店とネットの値段を見比べよう!ポイントの計算忘れてない?

洋服代を節約する上で節約術はこれだ!と言えるものはあまりありませんが、流行りものを買う場合などはまず本当にそれを着こなせそうなのかと悩み、とりあえずネットで市場調査をしてから好みの物を見つけます。

いくら流行りものでも微妙にデザイン等で気に入る気に入らないがあるので気に入るデザインの物をみて欲しいデザインの方向性や形などを決めてから実際店舗に出かけて行ってから気に入るデザインの方向性に近いものを探し出してから自分に合わせてみて違和感がなければ試着してみます。

自分に当ててみて違和感があれば違うデザインの物も合わせてみてやはり違和感があればこれは合わないデザインなんだと思って購入は控えます。

今の流行りで言えばオフショルダーなのですがモデルやテレビなどでは可愛いと感じていても自分には合いませんでした。

ガウチョパンツも同じ理由です。

流行りものだからと安易に買うよりは実際に合わせてみて試着してみて行けそうならネットでの値段と実際の店舗の値段を見比べてみてあまり差が無ければ実店舗で購入する場合とポイント分を差し引いてもネットが安ければネットでのキャンペーンなどを利用して買います。

なぜならよく楽天市場やヤフーショッピングなどでやっているポイント10倍やらマラソンで買うとポイントバックが増える為値段自体は変わらなくてもポイント分を差し引いてみると安くなる傾向にあります。

実店舗で買う場合はタイムセールやバーゲンで洋服の値段自体が割り引かれているのでバーゲン時期とタイムセールが重なればかなり安く洋服が手に入るのでそれまでに欲しい洋服に目をつけておき、バーゲン時期に突入した時に買いに行くことが多いです。

バーゲン時期に慌てて買ってしまうと吟味していない分洋服屋さんではすごくよく見えたのに家に帰ってみるとそうでもなかったという事が多いため事前に見ておくことが重要です。