30代の平均洋服代と節約術

洋服代の節約と食事の関係?30代女性のマル秘節約術

年齢は35歳です。職業はパン作りを行っています。毎月のお小遣いはおよそ1万円です。お小遣いという感覚が苦手です。

年間でみると結構使ってる…一か月の洋服代は?

一ヶ月の洋服代は、普段の月はあまり購入しません。必要な物だけに的を絞り、内訳としましては、肌着や靴下と言った小物が中心のお買い物です。

今月の洋服代は、靴下100円、パジャマ2000円、ワンピース900円でした。バーゲンではワンシーズンでだいたい5万円くらいの買い込みを行います。

夏と冬、一年に二回ありますから、年間合計で10万円の買い物を行います。内訳は、コート35000、ワンピース15000円(冬のバーゲン)

カットソー5000円。ワンピ―ス10000万円、パンツ10000円、シャツ5000円5000円、バッグ20000円でした。(夏のバーゲン)

毎月の衣装代が3000円を十二カ月。十二カ月で36000円。バーべんセールの合計を計算しまして100000円。

一年の洋服代の合計は136000です。衣装代の中には、帽子やサングラスも含めています。
帽子は、3600円の物をワールドで購入しました。サングラスは、なんと300円です。視界が青く見えるタイプを選び、すがすがしく過ごせるサングラスですのでとってもお買い得です。

このほかに、ピアスやヘアアクセサリーも衣装とセットで購入することがあります。アクセサリー衣装とセット物もお得ですが、300円ショップがとてもお得に購入することができますので、買い物が少ない月には、自分へのご褒美に選んでいます。

衣装やバッグや靴は良い物は長持ちしますから、なるべくデパートで購入するように心がけています。洋服はデパートとセレクトショップで選び、なるべくバーゲンで沢山購入できるように、日ごろから品物を見定めています。

一ヶ月の洋服代は少ないですが、年間では十万円を超えますので、高額です。

安く買えばいいってもんじゃない!節約術

洋服代の節約術、先ずは捨てるような品物を買わないことです。しっかりと見定めて、妥協せずに品物を選びます。必ず試着して、似合うかどうかを確かめます。

良い物ならば購入しますが、安くても普段着にしかならない物は購入しません。普段着には、良い衣装だったけれども古くなってしまった衣装を着るからです。最初から普段着になるものは購入しないということが節約術の鉄則です。

どんなに欲しくても、通信販売などでは購入しない事も私の鉄則です。衣装を手に取ってみて、試着して似合うかどうか、サイズがあっているかどうかを確かめなければタンスの肥やしになってしまうことが分かっているからです。

安くても、適当な買い物は絶対にしないことが最大の節約術でしょう。そして、捨てない、と言うことも徹底しています。古くなってしまったシャツなども家着やパジャマとして使うことも出来るのです。

リフォームする実力はありませんから、そのまま使うのみですが、先ずは長く持って居たくないような物は買わないというように気を付けています。

本当に欲しい物しか買わないように心を配ることがゴミを減らすというエコロジーにもつながると信じています。

最近ではリサイクルもやりやすいと聞いていますから、トライしてみたいと思っています。
お洗濯の際には、衣類が傷まないようにネットに入れてお洗濯するように心がけています。
傷まないように大切に使う心掛けも、節約術の一つなのです。

母親や叔母から衣装をもらい受ける事も出てきました。ブランドの品などで有ればラッキーですし、頂くことも節約術の一つです。そして、太らない事が大切です。

太ってサイズが合わなくなってしうことは衣装代最大の危機ですから、ダイエットに励んでいます。