20代の洋服代と節約術

20代女性の洋服代。欲に勝てない!そんな時の節約術

年齢は28歳で、職業は先月まではwebデザインの会社で働いていました。毎月のお小遣いは、特に決めていませんが多い時で5万円程度には収めています。

一か月の洋服代いくら使う?

私の場合は、あまり洋服にお金をかける方ではありませんが、セールや、バーゲンなどの人ごみで買い物をするのがあまり好きではないので、旬なものをその時の値段で購入するようにしています。

最近は、ネットで簡単に洋服が購入できてしまいますので、以前に比べて外に出て服を買うことも減ってきました。しかし、試着して購入したいと思うものもあるので、その時は、店舗で購入します。

1ヶ月の洋服代は1万円前後で、内訳は、シャツに5千円程度かけます。そんなに高いものは買わず、1年で着倒すくらいの勢いで購入します。あまり高いもの、堅苦しいものはなるべく購入せず、どこにでも気軽に着ていけるようなシャツを購入しています。

残りの5千円はパンツやスカートなどに使います。その季節にあったものを購入したり、1年中着れそうなものを選んだりもします。夏はショート丈のパンツを購入したら、その下に履けるレギンスなどを合わせて冬でも着れるようなものを選んだりしています。

好みのワンピースがあればそれ1枚に1万円をかけて購入し、他は購入しないこともあります。また、少し高いジャケットやワンピースを購入したいと思った時は、本当にそれが値段に見合った商品で着まわしができ、それ以外を我慢してでも購入したいかどうかを考え、買うか買わないか決めます。

なので、1ヶ月に4.5万円のものを購入して次の月からは少し我慢して辻褄を合わせることもあります。年間合計15万円ほどに設定しておいて、それ以上購入しないように気をつけながら、買う前に考えています。

冠婚葬祭で急遽ドレスやスーツなど新しいものが必要になった時は、年間合計の設定金額とは別ものとして考えます。

買い物に行く前に考えることが重要!

まず、洋服代はいくらまでと決めておくことが重要です。

バーゲンやセールに行くと、ついつい安いからと必要でもないものをどんどん買ってしまい、いつの間にか設定額をオーバーしてしまうということがあります。

その悲劇を防ぐために、使っていい洋服代だけを持っていく方法があります。そうすればその場で財布と相談しながら買い物ができます。でも、バーゲンやセールでそんなお金の確認をしている場合ではないと思う時もあります。

そんな感情が湧き出てしまう時は、思い切ってバーゲンに行かないことです。あの雰囲気に飲み込まれてしまい冷静な判断ができなくなって、いらないものを購入してしまい、後で後悔するよりは買わないほうが100倍いいと感じます。

そんな不要なものを買うくらいなら平日の空いている時にじっくり本当にほしいものを選んだほうが気持ちにもお財布にもいいです。少し、高くなっても、その分大切に着ようという気持ちになって服が長持ちします。

また、高い買い物をする時は、クレジットカードで購入してポイントを貯めましょう。小さい買い物ではそこまで貯まりませんが、高いものならポイントも大きいですし、またキャンペーンでポイント10倍などの時はとてもお得です。

その他の節約術としては、店頭で見て良かったなと思ったものをネットで調べてみると大幅に値下げしているものもあるので、一度確認するのもおすすめです。中古でもいいのなら、ほぼ新品の物がオークションサイトやフリマアプリなどにも出ていますので見てみるのもいいと思います。

後、仕事出勤時制服などがない時は、同じものを何着も持っていて着回すのがいいです。お気に入りのシャツなどをサイトで登録しておくと値引きされたことを教えてくれるので安い時に買っておくこともできます。