20代の洋服代と節約術

20代トレンド好き主婦の洋服代の節約術!欲望を抑える3つの方法

私の年齢は27歳です。トレンド大好きです。

出産を機に退職し、現在の職業は専業主婦と言う名の無職です。

毎月のお小遣いは2万円ほどになります。

主婦になって洋服代に使えるお金が少なくなった

私の一ヶ月の洋服代は、平均1万円ほどです。

 

おこづかいの半分は洋服代に消えていますね。

現在は専業主婦をしているので1万円ほどですが、独身時代は手取りの半分くらいは洋服や靴につぎ込んでいたんですよ。

それくらい、おしゃれにお金を掛けることが好きでした。
さて、一ヶ月1万円ほどの洋服代ですが、

その内訳は、3000円分くらいがトップスで、残りの7000円くらいはボトムスにつぎ込みます。

昔は、デパートに入っているようなブランドの洋服が好きでしたが、子どもが生まれてから、毎日公園で一緒に泥だらけになって遊びます。

その結果、汚れてもいいようなカジュアルな服装をするようになりました。

イオンモールに入っているようなカジュアルブランドや、ファストファッションで洋服を購入するようになっていきましたね。これも母としての自覚が出てきたっていうことでしょうか。(笑)

だいたい、トップスは月に1着、ボトムスは1~2着程度購入します。私は昔からデニムが好きで、色々なタイプのジーンズを集めていました。今シーズンであれば、デニムのワイドパンツが流行していますよね?

月に1着ずつ、ライトブルーのフリンジタイプから、ホワイトのワイドデニム、ワンウォッシュのロールアップタイプと様々なワイドデニムを揃えました!毎月使う金額を決めておしゃれの工夫をするのはとっても楽しいです。

一ヶ月の洋服代は年間合計で12万円ほどになりますね。おこづかいは月に2万円ほどいただいているので、独身時代のお給料の使い道の内訳と、割合はほぼ一緒です。額自体は大幅ダウンしましたけどね。(笑)

主人も、おこづかいの範囲内で私が好きなことをやっているのをみて満足そうです。

物欲に負けない!3つの節約術

月に1万円程度と決めている私の洋服代ですが、もちろん予算オーバーすることもあります。
シーズンが変わるときなんて、ただでさえ物欲が刺激されちゃいますもんね。
そんなときに私が行っている節約術についてご紹介します。

①フリマアプリを利用する
現在はスマホで手軽に中古リサイクル品を売り買いできるようになりましたよね。
私はどうしてもほしいデニムが見つかったりすると、まずはフリマアプリに出品されていないかチェックするようにしています。

フリマアプリは完全に素人さんたちの集まりなので、相場っていうものが無いことが多いんです。
マメにチェックしていると、思わぬ掘り出し物を見つけることが!

私は専業主婦で比較的時間は自由に使えるので、頻繁にサイトを見て、結構な高確率で欲しいものを安価でゲットしています。

②ファストファッションの限定価格を狙う
現在のファッション業界を引っ張っている国内2大ファストファッションブランド。流行の洗練されたデザインの洋服がお手頃価格で手に入るので、私も大好きです。

毎週のように新作が店頭に並びますが、週末にセール価格になることが多いんです。新作なのに、当たり前に1000円くらいオフになります。

私はチラシ情報のアプリをインストールしているので、週末のセール情報をきっちりチェックして、安くなったときに購入するようにしています。目をつけた商品は長くても1ヶ月くらい待てば必ずセール価格になる週末があるので、確実にお得に購入することができるんです。

③昔のアイテムも自分でリメイク!
私は子どもがお昼寝しているとき、独身時代のたんすの肥やしを引っ張り出しては、

どうやったら今でも着れるかなあ、とリメイク計画を練っています。この前も、昔はいていたデニムのロングスカートを、膝丈のペンシルスカートに変身させました!時間がある人にしかできない節約術ではありますが、愛着もひとしおですよ。