20代の洋服代と節約術

事務員の20代女性が行っている節約術。クローゼットの整理で洋服代を節約!

私は現在、年齢28歳で職業は営業事務の仕事をしていて、毎月のお小遣いは実家暮らしなので15万円程度です。

彼氏がいると洋服代が増える!一か月の内訳は?

私の洋服代は年々上がって来ていて、去年は年間合計で90万円くらいでした。

内訳としては、カットソーやTシャツなど年間を通して使える物に15万円程度で、スニーカーやブーツなどの靴に20万円程度、デニムなどに5万円程度、下着や靴下の消耗が激しいものに1万円程度、春と秋に着る厚手のシャツやパーカーなどに15万円程度、小物に4万円程度、冬物のアウターに20万円程度、時計に10万円程度でした。

もう20代後半なので、そろそろしっかりしたブランド物を買わなければという意識があり、下着関係はファストファッションで買っています。Tシャツやシャツやパーカー類はブランドのロゴが入っている良い物を買っています。

アウター関係はブランド物を買うととてつもない金額になってしまいますが、素材の差が一番出やすいアイテムだと思うので、安い物を買うと生地がペラペラだなというイメージがあるので、ブランド物でなくてもしっかりしている物を買うように心がけています。

そして、本当は時計にももっとお金を掛けたいなと思っているのですが、予算的に年末の最後に貯まったお金で買う事にしているので去年は洋服に結構お金を掛けてしまったため10万円の時計でしたが、本当は一番お金を掛けたいなという部分なので次は30万円以上のものを買いたいなと思っています。

そして恋人がいるとその月の洋服代2〜3万円程度は増えますが、その事でプライベートがとても充実するので必要経費として割り切って考えています。

良いもの着ているとその分テンションが上がり自信にも繋がるのであまりケチらないようにしています。結果として毎月のお小遣いの半分以上は洋服代に使っている計算になります。

クローゼットを整理しよう!効果的な節約術

そして去年は90万円でしたが、今年は年末に去年よりもかなり良い時計を買いたいということから洋服代の節約術を取り入れて、なるべく毎月掛かる費用を下げるようにしています。

そして、まずはクローゼットを整理してみました。そうすると、着ていないものや着るけど余っているアイテムなどがまとまるのでそのことからたくさんのメリットが出てきました。

まずは、着ていない服を売りに出す事ですが、洋服は何年間かでブームが入れ替わりやすいので、売りにいった時に中にはブームが去っているので安くなってしまうと言われる物もありましたが、最近の物だと今人気のアイテムだから高く買い取りますと言われ、これはいつか着るだろうとクローゼットにしまっておいたら価値が下がる一方なので着ない物は早めに見切りをつけて処分するのは良い事だと思います。

そして、着ない物をピックアップする事でこういう服は買っても結局タンスの肥やしになるんだなと自分の好みを分析できるので買い物での同じ失敗を繰り返さないという点でも節約になっています。

そして、クローゼットを整理していると同じ様な物を何枚も持っているなというのも見つかります。これは、自分が本当に好きで今ハマっているアイテムなのだと思いますが、先ほど書いた服のブームの入れ替わりからも同じ物をたくさん抱えてブームが去った時に売ろうとすると勿体ないので、同じ物がたくさんあるアイテムに関しては今ある物を着倒してから新しい物を買おうという風に心がけています。

このことで、一つの服を大事に長く着ようという意識も生まれるので洋服のメンテナンスにも気を使うようになり、消耗が激しくなくなるという点で節約に繋がっています。