20代の洋服代と節約術

20代後半女性の洋服代と悩み。決して背伸びはしない節約術

私は年齢は29歳、職業は会社員、毎月のお小遣いは1〜2万円程度の育児真っ最中のワーキングマザーです。

最近美容に無頓着になってきた…一か月の内訳は?

洋服代、皆さんはいくらぐらい使われるのでしょうか?
30歳手前…なるべくきちんとしたものを着ようと思いつつも育児真っ最中を理由にプチプラ商品ばかりを買ってしまう私です。

具体的に洋服は毎月買うわけではなく、春夏秋冬、それぞれのシーズン時にちょこちょこ買い足していくことで何とかまかなっています。ワンシーズンとなると、2〜3ヶ月に1度のペースで買っていることになります。

大体そんなペースで、2万円前後のお買い物をするので年間合計額だと8〜10万円、月に換算すると1ヶ月に¥12000ほどでしょうか。

内訳は、主にワンピース!次にトップスです。スカートや靴はなるべく着回し、外からは見えない下着などはもう何年ものになるのでしょうか…。

定期的に一掃するのではなく、これ足りなくなってきたなぁ、古くなってきたなぁと思ったものを買い替えています。

独身の頃はもう少し服にも気を使っていたのですが、今はお金に余裕があれば子どもに使いたいと思ってしまうため、自分の美容やおしゃれには無頓着になりつつあります。

ただ、勤務先がオフィスカジュアルを推奨しているため下手なものは着れません。また洋服代を少しでもケチるために普段着と勤務先での洋服をあえて分けることはしないので、はたからみれば休日なのにカッチリしているお母さん…みたいな感じなのかもしれません。

なので服選びは基本的に、会社に着ていっても恥ずかしくないもので既存の服にどうコーディネートするか思い浮かべた時に何パターンかイメージがわくものにしています。

あとはハイカラな色だと合わせにくいので、基本的には黒や白、ベージュ、パステルカラーとなもので統一し、単品で主張しすぎないものを選んでいます。

洋服代にあてるお金がなかなか捻出できない時の4つの節約術

先に述べたように自分のための洋服代にあてるお金がなかなか捻出できないので、あの手この手と節約術を駆使し、洋服代を浮かしています。そんなワーママの安いけど貧乏くさくない服選びをご紹介します。

節約術① 流行りものをチェックする

洋服代はケチりたい…と言っても、あまりに流行に疎いのは外に働きに出る者としては考えものです。だからと言って闇雲に手を出すこともできないのでとにかく流行ってるものを確認することからはじまります。

この時、雑誌などをわざわざ買うのではなくネットで複数の店舗を見たり、ウィンドウショッピングをするだけでも、その時々の流行りが見えてきます。こぞって出してきますから!その中で自分に合いそうな流行りものだけを取り入れるのです。決して背伸びはしません。

節約術② プチプラで探す

流行りものがチェックできても問題は値段です。普通にショップへ行って買ったらトップスだけで¥4000〜5000なんてザラです。欲しいデザインや色味、フォルムなどを事細かく記憶し、プチプラを売りにしているお店で似ている商品を探すのです。

私の場合、それがUNIQLOやGU、ハニーズやしまむら・アベイルだったりします。近くにない場合はネットショップを利用しています。

節約術③ 手持ちの服とのバランスを考える

お手頃価格で良さそうなものがあれば、次に考えるのは手持ちの服との相性です。あまりコーディネートが思い浮かばない場合は相性はよくありません。その流行りの服を着たいがために、オプションで一式揃えるなんてことになったら全然節約にならないからです。

それでも手持ちと合いそうなものが見つからなかったらどうするか…それは、お店のコーディネートを参考にします。
その服がどうコーディネートされているかを確認して手持ちに合いそうなものがなければ、合いそうなものを今度は古着屋さんで探すのです。

例えば流行りのサッシュベルトに合わせる服がない…店のコーディネートではフリルの白ブラウスと花柄スカートを合わせているとなったら似ているブラウスとスカートを古着屋さんで探すのです。その場合もハイカラなものは避けていきます。

節約術④ ワンピースを買う

節約術③で述べた古着屋に行く時、必ずチェックしたいのはワンピースです。まさか毎日流行りものばかりを着れませんので、間にワンピースを挟むと服代が浮きます。

なぜなら、トップスやスカートといったように分かれてないので一着で全てが解決するからです。そして女性らしさなどもあり、ワンピースはあまり流行り廃りに流されません。

こうしてバランスよく流行を取り入れていくと、そんなに洋服代にお金をかけなくてもダサいなんてこともなく、おしゃれを楽しむことができます。