50代の洋服代と節約術

50代女性が語る洋服代の節約方法。リサイクルショップに行き世界が変わった

年齢は51歳です。職業は福祉系の会社員です。

毎月のお小遣いは、決まってはいませんが平均すると2万円位使っているかもしれません。

洋服代にいくら使ってるの?季節ごとの内訳

洋服代は月によってまちまちです。春、夏、秋、冬と季節によって、あるいは何か大事な人と会う予定があったり、旅行に行くとか家族関係の行事等で買う必要が出てきたりすると、デパート等へ行ってちょっと良い服を購入したりします。

普段、自宅で着る洋服や下着類は、ほとんど近くのスーパーか通販でお安い物を買っています。但し、最近は色々考えて、日本製の物を買うようにしています。

日本製ですと少し高くなるのですが、日本製は信頼できますし日本の産業を応援したいという気持ちもあるので、もし同じ値段か、少し位高いのであれば迷わずに日本製を買っています。手頃なお値段で日本製が少ないのが悩みの種です。

高額な物では、日本製で良い物がたくさんあるんですが。でも、そういうのを探す楽しみというものもあります。日本製で安くてデザインが気に入った物は、砂漠で針を見つけるような感じですが、見つけた時には「やったあ!」という気持ちになります。

値段が高い品物は通販では合うかどうか心配なので、通販では買いません。失敗してもいいと思える位の品物を通販で買っています。仕事で着る服は以前は必ず新品で買っていました。最近はリサイクル店も利用しています。

洋服代の内訳としては、少し高額な1万円前後の服を年間4~5着買っています。下着類や靴下は年間1200円位でしょうか。

あと、仕事着を月2~3着買いますが、これはリサイクル店で買うのがほとんどなので、月1500円~2000円位になります。

ストレス発散で買うのも、だいたいここで買います。高額なブティックやデパートでストレス発散したら、大変な事になってしまいますから。なので、年間ではリサイクル店でも24000円位です。洋服代は年間合計にすると、86000円位になると思います。

抵抗があったリサイクルショップ

会社に勤めていますので、洋服には気を使っています。それとストレスもありますので、洋服を色々と着替えておしゃれをするのは気分転換にもなっていい事だと思っています。

もっと若い頃は、今よりもいいお店に行ってそれなりの値段の洋服を買っていました。洋服が一種のステイタスのような感じだったので、ブランド物も来たりしていました。

ですが、そうすると収入には限りがありますので、色々な洋服を着ておしゃれを楽しむというわけにもいきません。いつも同じような服を着ていたように思います。それはそれで良い物を大切に着るという習慣で悪くはないのですが、リフレッシュというか気分転換にはなりません。

仕事でストレスを抱えていると、洋服を別の物に変えるだけで随分と気分が良くなるのもです。

最近、自宅の近くに洋服のリサイクル店がオープンしたので、ひやかし半分で覗いてみました。私は長女という事もあって、人が着た物を着たことがありませんでした。ですが良く探してみれば、そこには新品の品の良い物やまだ真新しくて気に入ったデザインのものが多くの古い洋服にまぎれるようにしてたくさんありました。

値段もたぶん普通で買う値段の1割位になります。心配なのは、いくら新しくても誰か元の持ち主がいたということでした。リサイクル店で買った物を着ていて、誰かが「あれは私が出した服」という目で見ているかもしれません。

そこで買ってきたリサイクルの服に、ひと手間かけてみることにしました。ボタンを別の物に替えてみたり、レースを付けてみたりするだけで、今までとは全く違う雰囲気になりました。こうして手に入れたリサイクル品は、主に会社に着て行くようにしています。

職場の皆の評判はとてもいいです。まさかリサイクル品を加工して着ているとは思っていないようです。なので、通勤の洋服代は10分の1位で済んでいます。毎日、服をとっかえひっかえしていながら、こうした節約術でとても楽しくおしゃれが出来ています。