30代の平均洋服代と節約術

30代のプチプラで安くてもオシャレに見せる!洋服代の節約方法

年齢:30歳
職業:フリーター
毎月のお小遣い:基本は10000円
ボーナス時期等は、20000円〜50000円

一か月の洋服代にいくら使う?

1ヶ月の洋服代:毎月買うわけではないのですが、だいたい一度の買い物で5000円〜20000円を使います。

内訳:洋服代
・アウター2着(革ジャケット15000円・春の薄手コート10000円) 約25000円
・トップス9着(夏用ブラウス2着 2000円〜3000円=5000円/春用Tシャツ3着1000〜3000円=6000/冬用セーター2着4000〜6000円=10000円/秋用ブラウス1着4000円) 約25000円
・ワンピース3着(春用2着3000円〜5000円=8000円/冬用6000円)約14000円
・スカート4着(夏用フレアスカート2000円/タイトスカート4000円/ロングスカート4000円/ミニスカート2000円) 約12000円
・パンツ3本 (夏用パンツ1着7000円/ ジーパン2着5000円〜6000円=11000円)約18000円
・ガウチョパンツ2着(春秋用3000円/冬用3000円)約6000円
・鞄1つ (合皮製リュック)約5000円
・靴2足 (ヒール5000円/サンダル3000円)約8000円
・ 靴下8足(アームカバー3足で1000円/冬用あったかソックス3足で1000円/ストッキング2足各300円〜1500=1500円)約3500円
・小物4個(ブローチ1つ1000円/ネックレス1本1000円/ピアス2つ1500円〜2000円=3500円)約5500円
・インナー 5着(ユニクロクールインナー2着各1000円=2000円/ユニクロヒートテック3着各1000円=3000円)約5000円
年間合計:約117000円
※それぞれの金額は、消費税と、端数は繰り上げ繰り下げしております。

キーワードはプチプラ!節約術は?

洋服代:10代20代の頃はブラウスに10000円以上出すことに躊躇はありませんでした。それと比べると、30歳の現在は一つ一つにかける洋服代が安くなっています。

それは、自分が自由に動かせるお金や思考が変わったのも一つの要因だと思いますが、大きく影響しているのは、市場でプチプラと呼ばれる洋服ブランドや、海外ブランドが増えた事。

そして、それが増産型ではなく売り切り型が多く、安いのに特別感がある商品に魅力を感じてる事が大きいと思われます。

昔は、高くても良い物の方が長く着られる、そして他人とかぶらないと思い買っていました。
しかし、やはり毎年、少しつづ変わるデザインに去年の物を着るのが恥ずかしく思うようになってきました。

実際に素材や質は、昔に比べると格段に落ちてはいますが、流行物をワンシーズンと考えると、そこまでの素材や質は必要なく手軽に取り入れられる今は、とてもよいと思います。
そうなると、どんどん洋服代にかける金額が少なくなって、1着に10000円以上出すのに少し躊躇するようになりました。

節約術:特に安さを求める時は、海外のプチプラブランドや、ネットで買うようになりました。
実店舗では、イオンモール等近場のお店を利用します。日頃から、だいたいの、値段を把握しておき、バーゲンが始まってもしばらくは様子をみています。

そして、最終バーゲンの時期を狙い、それに週末セール、何点以上でセール価格を、さらに10パーセントオフなど、タイムバーゲン、ポイント2倍等さらに安くなるタイミングを狙って買っています。

ただ、売り切り型のお店だと、人気のサイズが直ぐに売り切れてしまう為、少しでも安くなると直ぐに買うようにしています。