主婦の洋服代と節約術

インナーの洋服代はUNIQLOで買えば節約に!40代主婦の臨機応変な節約方法

私の年齢は45歳です。職業は内職をしている主婦です。毎月のお小遣いは特に決まっていません。その時々必要なものや欲しいものは家計と相談しながら買い物をします。

一回の買い物でどれくらい洋服を買う?洋服の4割はUNIQLO?

私の洋服代は40代になり,また子供の教育費にお金がかかるようになってから随分減りました。年間合計は約10万円くらいです。その内訳の4割くらいはUNIQLOでお買い物をしています。

特に冬は3万円くらいUNIQLOに使っています。インナーやセーターなどを買います。ズボンもほとんどUNIQLOのものばかりです。UNIQLOのズボンで丁度良いものがあれば同じタイプで3色くらい買います。

それだけでも2,980円×3なので1万円くらいになります。セーターなどは何年も着ないので,毎年2,3枚くらい買います。また冬は毎年カシミアのセーターを1枚だけ買っています。

カシミアのセーターについてはUNIQLOのものにする時もあるし,通販のZOZOTOWNのセールを狙います。カシミアのセーターには1万円くらい使います。今年はUNIQLOのベーシックな色のものを買いました。

冬服についてはお値段が高いものが多いので,コートなどは毎年は買いません。昨年は買いませんでした。

夏になると服自体が安くなるので,他の店でも結構買います。駅ビルに入っているテナントのものや通販でも買います。夏でもセールで買ったりするので大体1万円くらいで済みます。

私は楽器の習い事をしているので,時々発表会用のワンピースなども買う時があります。それらは,ほとんど通販で買っています。しかも必ずセールで買います。今年は同窓会もあったので,3着買いました。でもセールだったので2万円くらいでした。

それらのワンピースは発表会や同窓会が終わっても,ちょっとお洒落をして出掛ける時にも使いたいので,あまりドレッシー過ぎないものを選びました。内訳はおおよそUNIQLO夏冬合わせて4万円。

ファッションビルのテナントなどで買ったものが2万円。通販で買ったものが4万円です。年間合計が約10万円です。

シンプルなインナーなどはほとんどUNIQLO!その節約術とは?

私の洋服代の節約術というのは,やはりベーシックなものはUNIQLOで揃えるということです。コートなどは人とかぶるのが嫌なので買いませんが,セーターやインナーズボンでベーシックなカラーのものはほとんどUNIQLOです。

UNIQLO=安いとは限りませんが同じようなものでも,他の店舗だと結構値段がすると思い,UNIQLOに戻ってきてしまいます。他のファストファッションも買ったことが何度もありますが,若い人にはいいかもしれないですが,私にはデザインが若すぎると思いました。

少しお洒落したい時には街のファッションビルでセールなどで買う時もあります。自分で触ってみて自分の顔に合わせて買うのはいいです。

でもここ数年はZOZOTOWNのセールを狙う時が多いです。良いものが安く買えるので,本当に重宝しています。私の洋服代節約術の一番のポイントです。セール品は返品不可なので,じっくり選ばなければなりません。値引き率が高いものを探します。

最低50%オフのもので気に入ったものを探します。人気のあるものだとサイズがなかったり,欲しかった色がなかったりするので,その時の決断力も結構必要です。セール品は返品は出来ないので,かなり真剣に選びます。

特にサイズやスカート丈などは重要な要素です。メジャーを使いながら買い物をします。

上手くいくと70%オフのものとかあり,元々が2万円くらいのものが5,6千円で買えます。ここ数年はZOZOTOWNでお洒落な服を買うという感じです。本当は試着したり,手触りや実際のものを見た方が失敗はないのですが,たまに店舗で買い物をしようとしても良いものが見つからない時も結構あります。

また店員さんに薦められることがないので,ネットショッピングが好きです。洋服屋では店員さんが嫌いではないのですが,ついつい試着をすると断れなくなりそうなので,少しプレッシャーがかかるのです。

前はベルメゾンでも良く買い物をしていましたが,デザインが飽きてきたのとZOZOTOWNのセールを買い始めてからは,ZOZOTOWNのセールで買うほうが良いものが手に入ることが多いので,もっぱらZOZOTOWNです。