主婦の洋服代と節約術

30代専業主婦のポイント、ネット通販をフル活用!その節約術とは?

年齢は31歳、女性、職業専業主婦です。

月平均17万円以内くらいに収めるようやりくりしています。私の毎月のお小遣いというものは存在しませんので、生活の中で予算配分しながら必要なものを揃えています。

1年間の洋服代。家計簿に書くとわかりやすい

洋服を「自身を着飾るもの」と広義的に解釈し、服だけでなくバックや靴、アクセサリーといったものも含めて、過去一年間の月毎の洋服代内訳を記載します。
(家計簿から参照していますので、実際の金額です。美容院代などは含まれておりません。)

2016年
6月 :¥5,901
7月 :¥8,680
8月 :¥5,307
9月 :¥7,803
10月:¥22,641
11月:¥0
12月:¥10,577

2017年
1月:¥5,893
2月:¥0
3月:¥11,649
4月:¥0
5月:16,108

計12ヵ月分の年間合計:¥94,559
月平均:¥7,880

現在私には3歳になる子供がいますので、一人でのんびりショッピングをすることはほぼありません。外出先で買うとしても、子供や夫のものとまとめて買えるユニクロやH&Mといった、安くて季節柄必要なもの、どうしても必要な機能性を重視したものを買う時だけになります。
なので、上記で書いた私の購入金額は、その9割近くが子供が寝静まった時にやるネット通販での買い物によるものです。

ネット通販は色々なサイトがありますが、私は被服以外にも生活における消耗品などもまとめて買うため、結構なポイントがつけられます。私の場合はほぼ全て「楽天市場」を使っています。

楽天では1年間のうちに決まった時期で「スーパーセール」と「お買い物マラソン」があって、買えば買うだけポイントがどんどん貯まる仕組みなので、そのタイミングの月は多く出費をしていることに気づきました。(10月、5~6月など)

こうして書き出してみると、意外と多く使っている印象があります。
買うものの単価は安いものを選んで買っているのですが、買う頻度を少し抑えた方がいい気もします。

ネット通販が大前提!?節約方法は?

【節約術その①;洋服は実店舗で買わず、ネット通販が大前提】

20代のうちは自身も働いていましたし、買い物は渋谷や新宿のファッションビルで単価5,000円近くの洋服を買うことがほとんどでした。

当時は自分にしかお金を使わなかった生活ですので、時には1万円程する靴やバックもあまり悩まずポーンと買っていました。

しかし29歳で出産し、30代に突入し、子育てしながらの生活で、着る洋服自体やその購入方法もだいぶ変わりました。

前述の通り、外出先の店舗での購入はほぼ無くなりました。
その理由はゆっくり選べないこと、洋服代が高いことです。

通販の良さは、やはりその安さにあります。実店舗で同じような商品でも、販売員の人件費をかけずに売れる通販なら3割~、下手したら半額以下で安く買えます。

2017年5月は子供の幼稚園お受験用のスーツを買ったので1万6千円ほど出費しましたが、それも実際の店舗で買えば5万くらいする上質なものでした。

実際手に取って見れないのは通販の弱みでもありますが、こういった単価の高いものは、2着送ってもらって試着して、どちらか気に入る方を手元に残しそれであれば通販のデメリットを感じません。

普段着であれば私の場合、夏服なら単価1,000円前後、高くても2,000円以内のいわゆる「プチプラ」のものを多く選んで買っています。

 

子供と行く公園や習い事の送迎、スーパーへの食材の買い出しなど、ある程度外出する機会は毎日どこかしらあるので、安くても服の種類はある程度必要です。

そんな私にとって、ネット通販は洋服代の節約にもなる強い味方です。

【節約その②;通販のポイントを最大限活用】

大抵どの通販サイトにもポイント制度があって、買えば買うほどポイントが多くつき、その後の買い物に役立てられたりしてお得になります。私が楽天ヘビーユーザーなのも、そのポイント利用が出来ることが大きな理由です。

ポイントは楽天内の購入する店舗や商品によって付き方が違いますが、多くて「商品代金の50%」ほどのポイントがつくものがあったりします。

なので記載されている金額が安いものだけでなく、ポイント利用も含めた金額を見ながら、どの商品をどの店舗で買ったら良いか選定しています。

これからは購入頻度が高くならないよう、気を付けながら、良いものを安く揃えていきたいと思います。