40代の洋服代と節約術

ついスニーカーを購入しちゃう。40代の洋服代、節約術

年齢は40歳の職業は会社員。

アパレル関係の会社です。
毎月のお小遣いは、月によってバラつきがありますが、
大体4万円~5万円程です。

改めて見ると結構使ってる…1年間の洋服代内訳

2016年1年間の私の洋服での出費です。

1月内訳
ユナイテッドアローズで靴下一足・ジャーナルスタンダードでニットとリブパンツ・ナイキでスポーツサンダルを購入。サンダルに関しては、10年以上愛用していた外履きのサンダルが壊れてしまった事で購入しました。ボーナス翌月で多少お金にも余裕があったので、この月は4万円程の出費。

2月~3月内訳
服の購入はなし。1月の出費をこの月で抑えた感じです。

4月内訳
ユナイテッドアローズで、ビジネス用の鞄とネクタイを購入。この月に部下の結婚式があったための購入です。
合わせて¥30000

5月内訳
洋服代としての出費は無し

6月内訳
流行に乗っかってtevaのサンダルを購入。
それと、昔から好きなsandinistaというブランドの無地Tシャツを購入。合わせて¥20000

7月内約
登山を始めようと思い立った事から、登山用のリュック、ニットキャップ、動き安いパンツを2本、全てcolumbiaで購入。
合わせて¥30000

8月内訳
スニーカーを何足か購入。
元々スニーカーが好きで、家の下駄箱に入りきらない程ありますが。
ナイキ、アディダスをそれぞれ1足づつで¥25000

9月~11月内訳
スニーカー1足のみの購入だけ。
ただ、その1足で¥30000程。
販売されるとすぐに完売してしまうアディダスのモデルで以前からずっと欲しかったスニーカーで
やっと購入できた嬉しさはありました。

12月内訳
ボーナスが入ったこともありますが、洋服1つに使った額としてはここ何年かで一番大きいカナダグースのダウンを購入。それと併せて、ユナイテッドアローズのパンツ、アディダスのスニーカーを購入。合わせて¥110000

年間合計は約¥290000
こうして改めてみると結構使ってますね。

ネット通販と店舗を使い分ける節約術

私の場合は実店舗に行くことと、通販利用することと大体半々ぐらいの割合で洋服購入していますが、ほとんどをクレジットカードで購入しています。服の購入でポイントが付きやすいタイプの物を使用することで節約術の一つとしてこの方法を取っています。

ネット通販では、代金引換とすると手数料など無駄な料金が加算される場合も多いのでそれを節約するためにも有効だと思っています。

それと、欲しいと思うものがあったとしても、セール時期が近い場合は単純に待ちます。余程の人気商品でない限り、ほんの1ヶ月程待つだけで30~40%割引です。

 

頻繁に通っている店舗では、そこの店員からセールスケジュール含めて色々な情報を聞き出すことが出来るので、私の場合は常連客になるという事も1つの節約術となっています。

また、新品だとか、中古だとかをあまり気にしないので、欲しい商品が安くオークションに出品されていないかユーズド服サイトなどで販売されていないか、まずチェックします。余程状態が悪いものでない限りは、目当ての商品が販売されていた場合はそこで購入します。

ネットでの購入の場合は、着なくなった服を商品購入の一部に充てられるというシステムがあるサイトもあるので、これは節約術の1つとしてよく利用しています。

飽きっぽい性格なので、購入から1年も経つと着用しなくなってしまうものばかりで、これを購入代金の一部とすることでかなりの節約になっています。

洋服に限らず、まずいらなものを買い取ってもらってから欲しい服を購入するという方法を取ることが自分なりの節約術としては一番多いかもしれません。

 

メルカリ、ヤフオク、買取サイトなどで不要となったものを購入してもらい、洋服代に充てています。