20代の洋服代と節約術

20代女性の洋服代、節約術。年末年始が勝負時!

年齢は25歳で、職業は不動産業の賃貸部営業で働いています。

毎月のお小遣いは、約10万円程使っています。

クローゼットがいっぱいに、一か月の洋服代いくら使ってる?

私の1ヶ月の洋服代は約3万円です。内訳としては、シャツが好きという事もあり、メインはシャツにお金を使っています。高いシャツであれば1万円を超える物もありますが、気に入ったシャツであれば基本的には購入するので、多めに月3万円と設定しています。

ブランド物から比較的安い洋服も着ます。私のこだわりとしては、気に入った洋服を購入する事なので、値段は特に意識していないです。

シャツとしてのテーマは、シュッとしてカジュアルなので、シンプルながらも遊び心があるシャツが好みという事もあり、グリーンレーベルやSHIPS、RAGEBLUEなどを好んできます。多い時では、シャツは月に10着購入する事もあります。

時期によって着たいシャツも異なるので、とてもこだわりを持って選択しています。シャツがメインですがパンツやその他アクセサリー、靴下なども購入します。パンツでは最近、7分丈のパンツを購入しています。

春先であれば、足元を出して、冬などの寒い時期にも長めの派手な靴下で足元を隠せば比較的年中着る事が出来るので、7分丈はお気に入りです。カラーバリエーションも豊富なので、いろいろなブランドの7分丈のパンツも良く購入します。

シャツと合わせて着用するカーディガンやパーカーも購入しますが、良いのがあったときなので、あまり購入頻度は高くないです。最近では、靴からちょっとだけ見える靴下を購入する事が多く、コーデによって異なりますが、派手な靴下を靴から見せる事での刺し色の役割を担っています。

年間合計で洋服代を考えた時に、約36万円程使っています。クローゼットはシャツでパンパンですが、着ていく洋服が多いので選ぶのも楽しんでいます。

勝負は年末年始!その節約方法とは?

洋服代を節約する事はあまりしないですが、節約術としては、バーゲンなどに多めに購入するようにしています。買わないという事が、一番の節約術かもしれないですが、安く購入する為にも良く洋服の価格はチェックするようにしています。

仕事終わりや休みの日には、好きなブランドの洋服に目星をつけておいて細かく金額の下がり具合などをチェックするようにしています。

セールやバーゲンでは流行に左右されない定番アイテムは安くなりにくいですが、定番モノがもしも安くなっていたらかなりお得になるのでチェックはするようにしています。

流行ものは値下がりしやすいですが、セールが終わると流行おくれにもなるものなので、流行りの期間だけ着るなら、ワンシーズンのみのつもりでセール前に安いものを買う方を心がけています。

一人で良く買い物に行くので洋服のブランド差などを勉強もしているので、比較を金額以外の面で出来るようにしています。洋服は毎月購入してしまいますが、節約術として、購入した洋服はボロボロになるまで着るというこだわりはあります。

無駄にしないで、気に入った洋服であるからこそ購入したので、大切に長く着用する心がけはしています。古着では、購入する事は基本的にはないですが、ネットショッピングでも洋服は購入する事はあります。

まとめて購入すると送料も必要なかったりと、買い物に直接いけない時には、ネットショッピングで購入する事もあります。

特に私が一番力を入れている洋服代の節約術といては、年末年始の洋服のバーゲンで、女性は行く人も多いと思いますが、バーゲンでは安く洋服を購入する事が出来る魅力があるので、安くなっているバーゲンなどでまとめ買いをするようにはしています。