主婦の洋服代と節約術

40代主婦の編み出した毎月の洋服代の節約術

年齢40代後半、職業は少し内職をするほぼ専業の主婦です。

毎月のお小遣いは、内職の月収1〜3万円です。ここから友達とのランチ、洋服、化粧品、趣味などの費用を捻出します。

そろそろコートを新着したい。一か月の洋服代は?

今年の一ヶ月の洋服代の予算は8千円です。お小遣いの金額に対して、かなり高額になっていますが、洋服だけでなく、バッグ、靴、アクセサリーなど、下着以外身につけるもの全ての予算です。年間9万6千円を目安に、買うたびに記録をつけながら、優先順位を考えて、メリハリをつけて使います。

バッグや靴はやや予算を多めに、服は安く抑えます。

 

具体的には、バッグや靴は一つ2万円台前半まで、服は高くても5千円位までを目安にしています。洋服のほとんどはリサイクルショップで5百〜2千円以内位で買います。

どうしてもワードローブに必要だけれど、リサイクルショップで良いものが見つからないものに限って新品を買います。

 

例えば、真っ白なTシャツ、ホワイトデニムなどです。特にボトムは流行が出やすく、今着られるデザインでサイズの合うものに出会うのは難しいので、新品を買う割合が高くなります。

新品は、GU、しまむらをまずチェックし、たまに無印良品、ZARA、PLSTなども買います。ヘビーローテーションで使えると判断した5千円以内のものです。

昨年の洋服関連予算も同じ金額でした。

内訳を振り返ってみると・・・。

春夏トップス1万8千円

秋冬トップス2万6千円

  • ボトムス4千円
  • ワンピ2千円
  • アクセ・小物4千円
  • レッグウエア(靴下、レギンス、タイツ)7千円
  • バッグ1万円
  • 靴6千円
  • レインウエア1万8千円

 

計9万5千円です。

前年にボトムスを多めに揃えていたこともあり、去年はトップスを中心にしました。長年着ていたレインウエアの撥水が効かなくなってしまったため、レインウエア(上下・新品)をやや奮発しました。

昨年はセレモニー用のものが必要だったので、別枠でセレモニースーツ、靴、バッグを新調しました。合計約6万円です。別枠分を合わせた去年の年間合計は、おおよそ15万5千円となります。今年は別枠で買う予定のものはありません。

本当はそろそろコートを新調したいのですが、この予算では難しいのが現状です。年齢的に真冬のアウターはあまり貧相なものを買いたくないので、新調するときには、別予算を取ろうかと思っていますが、今年の購入は見送る予定です。

昨年はバッグや靴が思うように揃えられなかったので、今年はバッグ・靴・ベルトなどの小物を充実させる予定です。

着ている洋服の単価を考える?節約術

自分なりの洋服代の節約術としては、ワードローブの全てを把握し、必要なものや金額以上に使えるものだけ買うことです。

 

そして予算を立て、予算内で買い物をすることも大切にしています。今年は何を買い足せば、日々満足してファッションを楽しめるか、計画を立てます。

手持ちの服が最大限生かせるように、組み合わせを考え、無駄な服を買わないことが節約につながっていると考えています。

 

そしてトレンド感の強いものは最小限の予算、数に抑え、長く着回せる自分の体型やライフスタイルにあったものでワードローブを構成します。

ある程度方針が決まったら、どうしても必要なアイテムを新品で購入します。前述のお店を中心に見て回ります。

 

その後、いきつけのリサイクルショップを巡ります。リサイクルショップは、気にいるものがたくさんある時、全然ない時とがあるので、定期的にチェックします。

気に入ったものがたくさんある時は、思い切ってまとめ買いします。

リサイクルショップで狙うものは、ファストファッションブランドではなく、やや定価の価格帯が高いメーカーのものが中心です。素材や作りがしっかりしているので、長持ちします。

今まで買ったものを具体的に言うと、トゥモローランド、セオリー、ブルックスブラザーズ、ノーリーズ、バナナリパブリック、マックスマーラ、組曲、アンタイトル、アナイなどです。ただメーカーやブランドにはこだわりません。

ノーブランドの場合、素材感を重視します。シルクやカシミア、強撚のコットンなどの肌触りがよく光沢のある素材だと、お値段以上の高級感があり、気分良く着られます。安い服はボタンが安っぽいことがあるので、ボタンだけ良いものに付け替えることも検討します。

もちろんリサイクルショップで服を買うときには、あまり劣化していない状態のものを買います。良いものを安く買って、できるだけ長く、またはヘビーローテーションで着て、一回着用あたりの単価を下げることが、私の節約術です。