社会人男性の洋服代

古着屋やネットオークションで洋服代をうかす?40代が行っている節約方法。

私は年齢が46歳で、職業は会社員です。毎月のお小遣いは2万5,000円ほどで、このお小遣いから趣味の費用、散髪代、交際費の一部を支払っています。

一か月の洋服代はバラバラ年間2万円、その内訳は?

私の一ヶ月の洋服代は、まったく使わない月も多いのですが、一回あたり約4,000円程度支払っています。内訳としては夏であればTシャツ、ポロシャツ、冬であれば長袖シャツ、セーター、パーカーなどになり、年間を通じて1、2着ほどパンツを購入しています。

私は会社員ですが、地方にある通販会社で自社広告の制作業務を内勤で行なっているため、普段、基本的には私服で会社に通勤しています。そのため、スーツを着用することはほとんどないので、洋服代がスーツ費用に充てられることもまずありません。

ただ、広告の制作業務といっても、会社では肉体労働もあるため、夏などは頻繁にTシャツを変えています。

私の会社では通販商材を国内の取引先で製造したり、仕入れたりすることもありますが、中国などで製造したりすることもあるので、そのようなときは地元の港からコンテナで商品が送られてきて、男性社員総出で荷物の積み下ろしを行なっています。

このようなとき、夏はもちろん、冬でも汗をかくので替えの服が必要になり、肉体労働用の服は安価なものを中心によく購入しています。

我が家は子供2人が小学生で、これからますますお金がかかるため、私や妻のお小遣いも最低限に設定しています。そのため、洋服代はまったく使わず、節約することもあるのですが、その代わりに数ヶ月に一度、数千円を洋服代に使うこともあります。

私が住んでいる地方は、日本海の北側にあるため、冬はとても気温が下がり、雪もたくさん降ります。ですので、寒い季節はどうしても重衣料を購入すると出費も増えてしまうため、春や秋はなるべく洋服は買わないようにしています。

私の年間合計である洋服代は、約2万円程度です。今は安い洋服店が数多くあるため、この程度の費用でも、なんとか足りています。

ファストファッション店の有効活用?洋服代をうかす節約術

私の洋服代の節約術はいくつかありますが、まず、新品を買うにしてもファストファッション店中心で買うようにしています。

あらたまった場や、年に数回しか会わないような友人たちと出かけたり、飲食などする場合は、多少値のはる洋服を着たりする場合もありますが、普段生活する上ではこうしたファストファッションブランドの服でも十分ことが足りるため、私はよく利用しています。

それから、節約術としてはよくTシャツを買うようにしています。

Tシャツは夏はもちろん、梅雨前の気温が上がる春先でも着用することができる上、秋冬の長袖シャツの下やパーカー、セーターの下にも着用することができるため、年間を通じてよく買っています。つまり、その季節にしか着用しないような洋服はできるだけ購入するのを避け、一年間よく着られそうな洋服をなるべく買うようにしています。

それから、ファストファッション店以外では、古着をよく買うようにしています。古着は全国チェーンの古着店を中心に、いくつかの店舗でほしい商品を選び、購入しています。

中には状態が良く、新品といっても遜色ないようなものでも半額以下で販売されていることもあるので、よく利用しています。

また、こうした古着のリアル店舗の他に、ネットオークションも利用しています。ネットオークションの古着は、モノによって高値がつく場合も当然ありますが、よく出回っているような洋服は、新品に近い状態であっても信じられないくらいの安価で買えることもあるため大変重宝しています。

私が古着を購入するときは、ワンシーズン使い捨てで買う場合も多いため、長年着続けない場合はこうした洋服で十分なので、なるべく節約するようにしています。