主婦の洋服代と節約術

お小遣いはわずか2000円!30代専業主婦の洋服代と節約術

年齢33歳・職業専業主婦・毎月のお小遣いはおおよそ2000円程でしょうか。そのときに寄り変わりますが平均この位です。貧乏性が功をなし安価品をすぐ見つけます。

 

ひと月が上記の使用金額でありますが、以前購入した衣類だけで着まわすシーズンもありますので毎月衣類を何かしら購入という事はあまりないですね。

 

その代わりごくたまにお高めの物を買ったりしてトータルで考えて支出金額の調整をしている具合です。有難いことに婦人服は紳士服よりお安く売りに出ているので、そういった中で安価で好みの衣類を見つけるのは割と得意です。

 

シャツなど楽天セール等の通販ものや実店舗でもプライスダウン品やワゴン系は必ずチェックします。中には旬が過ぎただけで全然お値打ち物が混ざっていたりするので侮れません。

 

楽天セール等は驚愕の200円シャツ等びっくりしちゃう程安いものがある為一番チェック頻度が高いかもしれません。

 

200円だからそれなりかと思いきや、普段のお値段3000円超えで期間限定限定価格とかなので安っぽさもないです。そんな感じで衣類を新調しているので普段衣類費がかさむなと感じる事は中々ありません。

 

唯一衣類にお金がかかるなあと思うのは秋冬衣類で一年トータルの衣類費の中でほぼこの季節がお金を持っていく為、見ようによっては秋冬の為に春夏を節約しているのかと思う位ですね。

 

秋冬は布面積が多いのも関係あるのでしょうが、安価品は春夏に比較すると少なくなっている様に思います。

 

おおよその内訳を考えてみるとシーズンごとにアウター1着ほど・中に着るシャツ2着から5着・ボトム年2着から4着・インナーやこまごましたもの年5点位・カバンは1個買うかどうかです。

 

洋服代では年間合計3万いかないくらいですか。

 

結構ケチった生活ですね?ちょっとびっくりです・・・。

 

アウターやカバン等は長持ちしそうな、その時だけの旬で終わりそうな物よりはオーソドックスな物を買う為前年のを着る事が多い気がします。

 

洗濯したりしてすぐへたるので衣類は安く購入して着れなくなったらまたプチプラ品を、というルーティンパターンで扱っています。

 

以前はシャツ3000円が安いねという目線で衣類を見ていたのですが一人暮らしで節約を意識した生活をした際価値観がガラッと変わりました。

専業主婦なりの洋服の考え方と節約術

 

洋服代への考えもそうですが物の価値観というのは非常にその人自身の行動に影響します。以前はちょっとお値段が張るけどいいものを持っていたいと考えていました。実際年数回有名衣服メーカー品を買ったりしていましたが、実際持て余していたというか・・。

 

貧乏性のせいでもったいない癖がここで出てしまうんですよね。もったいなくて着ていく出番がない。これは致命的なお金の無駄使いです。

 

使わないのに買った物程無駄金はありません。せっかく買ったんだからいっぱい着ていっぱい活躍してもらうのが一番だと思うのです。安価品の中には粗雑な商品があるのは事実ですが必ずしもそうではないという事を強く伝えたいです。

 

むしろ掘り出し物を見つけて節約も出来るなんてすごい、そう思えるようになれば節約生活も楽しめます。

 

節約する事によって感じる我慢とか忍耐とかしんどい事ばかりに目を向けていては何も生みだしませんからね。どうせなら前向きに節約生活を過ごせたらいいなと思います。

 

通販を使って洋服代を賢く節約

さてネット通販で安価商品をチェックする際の私なりの節約術ポイントを紹介したいと思います。まずは純粋にそのジャンルでの最安値のチェックから始めます。

 

季節や時期により衣類の相場は変わりますからこまめにチェックしていると大体の変動具合が見えてきます。最安品から見ていって自分のいいなと思うものを探していきます。

 

ここで注意なのが最安だけど自分の好みじゃない必要じゃない物はスルーです。節約の一番は無駄な物は買わないですから、本当にいいなと思うもの以外はスルーです。

 

そうやって見ていけば好みのが見つかると思います、ここですぐ購入しないのがミソなのですが数日お気に入り登録だけして寝かしておきます。ほっといたら無くなってしまう不安もわきますが、売れたら売れたらで自分には縁が無かっただけという風に考えます。

 

実際絶対欲しい、これ買わなきゃ着る服無いよという場合以外急ぐ必要はないのです。急いでお金を使う事は無いのです。

 

一度冷静になって本当に必要なのか、現在持っている服との相性はどうか扱いはどうしようか、考えると意外と買う必要ない物もあります。可愛いだけでかって自分には似合わなかったとかしょっぱい経験もあるのでこのワンクッション置くという時間は必要かな。

最後に節約してプチプラでも十分満足する衣類は揃えられます。だけど、たまには自分をいたわる気持ちを優先して買うのもいいと思います。

 

たまにはご褒美でいいものを1つ買いましょう。ただし、ちゃんと日常使いできるいいものを、ね。