社会人男性の洋服代

20代男性が4つの節約術を公開!一か月の洋服代は?

私の年齢は29歳です。現在の職業はインフラ関連の仕事です。

毎月のお小遣いは3万円です。食費はこれに含まれていません。

 一か月の洋服代はいくら?

私の1ヶ月の洋服代は3000円〜6000円といったところだと思います。毎月、その季節にあったものを一枚かったり、またはセールで安くなっているものを買ったりしています。

内訳としては決まったものはありませんが、Tシャツなら3000円くらいのもの。パンツなら3000〜5000円くらいのものを購入しています。また冬になるとジャケットや、アウターを買わなければならないので、先ほど述べた額の6000円より少し高くなるか、同じくらいのものを購入しています。

ただ、同じような額の物ばかり買っていてもありきたりになりがちなので、年に一回か2回くらいは、少し高いブランド物の洋服を買うようにしています。特に好きなブランドはバーバリーです。つい先日はバーバリーのポロシャツを購入しました。

やはり一枚は少し高級な物を持っていた方が、オシャレな場所へのお出かけや、かしこまったところへのお出かけに便利だと思います。

また私は結婚しておりまして、奥さんに服を買ってあげたりもしております。自分の気に入った服なら購入意欲がわき、来てもらうために買っています。その場合、嫁さんからも同じような額の服をプレゼントしてもらっています。

このような使い方もユニークで気に入っています。

そのような使い道ですので、年間合計金額としてはおそらく6万から7万ほどになるのではないかと思います。少ない方だと思いますが、お小遣いも多くはないので、これで限界かと思っております。

私の理想としては月1万円くらい使えて年間で13〜4万ほど使えればかなり満足のいくファッションが着こなせるのではないかと考えております。そうなれるようお小遣いアップに励んでおります。

 節約のための4つの術とは?

私の洋服の節約術は数術あります。

まず1つ目が、皆さんもやってると思いますが、少し時期を過ぎてから大幅な安売りを狙って購入することです。新入荷の物は買えませんが、洋服も季節の中間くらいになると半額やそれ以上の値下げも出てくるので、それを狙って買います。

それを残りのシーズンと次年度まで着ることで節約しております。この時に注意しているのが、その年だけの流行り物になりそうな物は購入しないということです。次年度も着ることを考えてるので、あまり奇をてらったものではなく、オーソドックスなものを選んでおります。

私自身シンプルなコーデ好きなので問題はありません。
二つ目が着なくなってしまった服は早めに売りに出すことです。売りに出すというと、リユースショップが一般的に思いつくかもしれませんが、私はインターネットのフリーマーケットアプリで売っています。

確実にリユースショップより高く売れると思います。仲介が入らない分、買い手と売り手がwinwinで取引できるのでオススメです。

そこに追加して、三つ目が、このフリーマーケットアプリで服も購入しております。他人が着用した服なんて着たくないと思う方もいるかもしれませんが、のぞいてみると、1、2回しか着ていないものや、未使用品まであったりします。

さらに今の時代はこうしたフリーマーケットアプリも一つではなく複数あるので、何個がのぞいていればほぼ必ず自分の希望にあった洋服が見つかると思います。

最後に4つ目が本当に気に入っている服は捨てずに治すというものです。服はやはり着ているとすごく気に入ってくるものがあります。それがチャックが壊れた、少しほつれた等で捨てるのは気持ち的にも勿体無いと思います。

私も昔は捨てていましたが今では治して着ています。これは意外とオススメです。
以上が私の洋服代節約術です。参考になれば幸いです。