主婦の洋服代と節約術

洋服代が2/3に収まった!30代女性の節約術とは?

年齢は33歳、職業は専業主婦です。

毎月のお小遣いは決まっていませんが、夫に一言いえば1万円以下の金額はちょこちょこ自由に使っています。

買うのはすべてセール品!その内訳は?

先月の洋服代は2万円ほどになりました。内訳は、無印のセールで約1万、ベルメゾンのセールで約1万です。

無印では、靴下3足セットを1つ、単品の靴下を3つ、下着を1枚、Tシャツ1枚、ハーフパンツ1本、綿パン1本を購入しています。ベルメゾンでは、Tシャツ2枚、帽子2つ、アームウォーマーを新調しました。

今月はピープルツリーというオーガニックとフェァトレードの通販で6000円のワンピースを購入しています。これもセールでした。欲しかった黒のノースリーブになります。基本的にセールを見ると欲しかったモノや欲しいものが出てきてしまって、毎月コンスタントに1-2万は洋服代となっています。

そのため、年間合計は、20-24万ほどです。これでも、自分では相当抑えている方です。
その中には下着やボトムスの下に履くレギンス系、それに靴下と腹巻も含まれます。

冷え性のため冷え対策をしているので、5本指靴下と重ね履き靴下、レッグウォーマーは半期に一度ほど買い足しています。金額にすると年間5000円ほどです。また下着は年に3着は新調しているのでそれにも年間12000円程使っています。

腹巻も伸びてしまうので年間にして3000-6000円は使っています。冷え対策として最低でも年間2万円はつかっている計算になります。靴は年間2足は買うので靴だけでも1万円ほどは使っています。

たいてい1足はスニーカーですが、よく歩くので、最近は毎年のように買い替えています。今月、先月は靴を購入していませんが、今年は4月に購入しています。

以上のように、年間の平均でならすと洋服代としては月約2万になりますが、内訳は毎月、そして毎年違ってきてしまいます。

シーズンを気にしない買い方。それが節約に

洋服は基本的にセールで買うようにしています。20-30%オフで買うことが多く、中には半額以下ということもあるので、洋服代は定価の3分の2で収まっていると思います。

セールに買うということは、時期はじめから着れるわけではないのですが、来年も着れるなら、別にシーズンが終わりに差し掛かってから新調するのもさほどデメリットではないというのが私の主張です。

子どもの洋服は、あえてワンサイズ上をシーズンオフのセールの時に購入することが多いです。そのため、真夏に差し掛かろうとするときに在庫の厚手の長袖やスパッツを買いだめしたりしていることもあります。

また、夫の服はまとめ買いで安くなる時、決算や時季外れのセール、または年末年始のセールや福袋を活用しています。

自分が欲しくなった時、本人が欲しいという時、または傷んで買い替えしなければならない時には、すぐに探しますが、どうしてもすぐに必要だという時以外は、定価だとちょっと我慢して基本的に安くなってから買います。

まぁ、そういう事態にならないように、日頃から必要になりそうなものや、次に買いたいものをリストアップして、それらを安くなった時に買っておく!それが私の節約術です。自己満足ですが、結構得していると思います。

あとは、どうしても同じようなものばかり欲しくなってしまうので、時々タンスの整理がてら持ち物チェックもするようにしています。私の例だと、どうしても黒の長袖が好みのようで、そればかり7枚もあることもありました。








テイストが違えば違う服と言えども、同じような服ばかり買わない、買うなら傷んだ服と入れ替えで買うようにするというのも、洋服代を膨大にしないための大切な節約意識だと思います。