主婦の洋服代と節約術

子育てママの洋服代を節約する方法とは?古着屋のセールとは

年齢は現在27歳。専業主婦と2歳0歳の2人の子供を育てながら、在宅でライターの職業についています。

毎月のお小遣いは特別設けていません。0~1万円の間で、生活費に余裕のある時は使っている状態です。

不安定な収入…どうやって服を買ってるの?

1ヵ月の洋服代は、月によってまちまちです。
毎月必ず洋服を購入しているわけではなく、私の場合はシーズンの入れ替わりの際にまとめて何着か購入することが多いです。

例えば、夏服を購入するなら、9月ごろ夏の終わりに購入します。
その方が値段が安く、節約できるからです。また、購入するものは基本古着です。新品は年に1着買うか買わないか程度で、ほとんど中古の洋服を着用しています。

値段は1000円以下から、高くても3000円までと決めています。そして、基本的にはオールシーズン着回しができるデザイン、素材のものに絞って選ぶようにしています。
無地のデニム地、カラーは黒や白、グレーが多いです。

セットアップだと上下をわけて着回しができることと、毎日のコーディネートに迷わないので頻繁に購入しています。

1ヵ月の洋服代は0円の時もあれば、高い時で5.000円ほどになる時もあります。子供がいて服を汚されるため、服を頻繁に選択しなければいけないため、その分服が傷むスピードも速く、結果的には年間10着程度は購入しています。

洋服が1着平均2.000円くらいなので、年間合計で2万円ほどかかっていると思われます。
定価で購入すれば1着5.000円以上はくだらない、ブランドのお洋服しか選ばないようにしているので、古着を購入することで費用を大幅に節約することができています。

洋服代の内訳は、ほぼ10割普段着です。コートなどのアウターや小物類はここ3.4年購入しておらず、毎年同じものを使っているので、基本的には洋服以外のものはかかっていません。

ただ、冬物のコートやトレーナーなども毎年購入しているものではないので、冬服はほぼ0割に近いです。大きな割合を占めているのは、洗い替えの多い夏服です。

1着5000円、手が出せない。そんな時の節約術は?

前項でもお話していますが、私の洋服代節約術は、基本的には古着しか購入しないことです。
もちろん、新しいお洋服にも興味はありますが、1着5.000円以上はくだらないものばかりなので、どうしても手が出せません。

仮にバーゲンセールで安くなったとしても、元値が高いだけあって、値下がりした後の金額でも私にとっては高く感じます。

その点、古着なら数百円~1000円以下で購入できるものばかりで、新品のお洋服1着分の値段で5.6着変買えてしまいます。古着屋さんもショップ同様、ポイントカードやラインクーポンなど、様々な割引を受けることができるので、安い金額からさらに割引してもらうこともできるというお得感もあります。

古着屋さんによってはイベントも定期的に行っていて、私はよく古着のつめ放題やまとめ買いセールのタイミングを狙って購入するようにしています。また、古着屋さんだけでなく、地域のフリーマーケットを利用することも多いです。

フリーマーケットなら、値下げ交渉によっては格安で手に入れることができますし、なにしろ古着屋さんで購入するよりも状態が良いお洋服が多いです!

消費税を別で支払わなくてもいいので、お洋服代をかなり節約することができています。
ただ、私の地域ではしょっちゅうフリーマーケットが開催されているわけではないので、最近はフリマアプリでの購入も多いです。

フリマアプリはアプリ内で使えるポイントを貰える時もあり、ポイントを使えば実質無料でお洋服を購入できる時もあるので、費用を浮かせています。

そのほか、購入する服は、できるだけ長く着れるように飽きの来ないシンプルなデザイン、色のものを選ぶようにしています。流行りのデザインはほとんど購入しません。

今年で言えば、オフショルや花柄のロングカーデなどにあたりますが、そういった来年着られなそうなものは購入しないようにしています。

流行も大事ですが、私の場合はあくまでも「ずっと着られる服」が一番です。1着の服を着続けて買い換えの回数を減らすことで、洋服代を節約するように心がけています。