主婦の洋服代と節約術

家計簿が命!40代ワーキングマザーの洋服代を節約する方法

年齢・職業・毎月のお小遣いに関して。47歳のワーキングマザー。

個人事業の企画職(デザイナー)という職業柄、洋服選びは大事なお仕事のひとつです。毎月のお小遣い¥200,000ほど。

しっかり家計簿をつける。細かい一か月の内訳を公開

洋服代・内訳・年間合計に関して。
仕事の関係上、人と会うことや訪問などが多く、それなりの量の洋服が必要です。年間のモチベーションのサイクルに合わせたトータルコーディネイトで購入していきます。

すべて、プライベートでも着用できるものが目線となっています。去年、一年間の衣装代は合計¥1,416,660でした。一部は、靴やBAG、アクセサリーなどの小物になります。

  • 1~6月¥943.049
  • 1月¥205,604
  • 2月¥303,613
  • 3月¥130,666
  • 4月¥89,855
  • 5月¥95,451
  • 6月¥117,860)
  • 7~12月¥473.611
  • 7月¥124,528
  • 8月¥48,365
  • 9月¥95,704
  • 10月¥55,165
  • 11月¥66,175
  • 12月¥83,674

モチベーションとしては、テキスタイルや小物の展示会訪問です。 プルミエールビジョン、ジタック、尾州展、各商社や生地屋、小物屋が、年間を通して2~4回開催しております。取引先のテキスタイルの展示会の訪問時は、その会社の企画した素材を使った洋服を選ぶようにします。

帽子の展示会なら、先方のコレクションから選んだ帽子をかぶり、ニットの取引先の展示会なら、おなじように、その会社の取り扱う糸のニットを購入し着用し訪問します。取引先に合わせた商品選びをしっかりしていくことが、コミュニケーションのひとつとなっております。

出張先のパリで、シーズンを着まわす分のガーメントから靴のほとんどを購入してしまう年もあります。

ただ、ふらふらとモノを買うのではなく、どこで誰とどんな形で会うのか、どのランクのものを購入するのかも大事な条件になります。デートの感覚と同じですね。現在は、女性と会う時の方が、衣装選びの意識は高いです。

購入条件のイメージができあがると、予算を組み立てながらピッタリくるものを探しだします。購入前にネットなどの前情報もあると時短ができます。取引先の商品を意識しない場合は、自分の好きなブランドで好きな服を購入しています。

洋服代を節約するのは難しい…そんな人の節約術

洋服代・節約術に関して
仕事用やモチベーションに合わせた洋服代を節約するのは、難しいのですが、迷ったらまず購入しません。後で不要なるような無駄な買い物を一切しません。

なぜ無駄な買い物をなくすことができるのかといいますと、長年、洋服や靴、BAG、アクセサリー等の企画に関わり、モノを作り続けてきました。

 

高級ラインのブランドから低コストブランドまで幅広い経験があるため、その商品の見極めができるからです。

見極め方というのは、洋服ならテキスタイル。国内の産地から海外の高級インポート素材まで、様々なメーカーを取り扱ってきましたので、生地の価格が大体分かってしまいます。そして、ボタンなどの付属も原料レベルで知識としてあること。金属パーツ、メッキに関しても同じです。

さらに、縫製工賃の価格まで。裏地の始末、内側まで丁寧な仕様で仕上げられている縫製と、ミシンのアタッチメントだけに頼った縫製と、工賃には大きな差がでます。

 

その一枚にかかった費用が自然に読めてしまうことから、商品と価格のバランスがよいかどうかの判断ができてしまいます。

その商品の理想的なプライスを自分で出すことができると、無駄なものを買わなくなるのです。

有名デザイナーのデザインや期間限定商品などの付加価値は個人差がありますので、別です。付加価値のある商品は衝動買いの対象になることが多いので、節約とは真逆の対象になります。

本当に購入に我慢ができなくなってしまうことが起きる、そのような衝動に備えて、買わない時期をわざと作ります。見ると欲しくなるので、お店に行かない、近くを通っても入店しない。

数回繰り返すと、気持ちが落ち着いてくるのがわかります。時間が少し経つだけで、欲しいものも次々変わっていくので、効果があります。

迷ったら買わない。買わない時期を作る。商品を自分の目でしっかり見極めてから購入する。これらが自然と節約に結びついています。これが私の節約術です。