30代の平均洋服代と節約術

断捨離は効果的!?30代パート女性洋服代を節約する方法とは?

年齢は30歳で、職業はパートの医療事務員で、自由に使える毎月のお小遣いは1万円から2万円程度の金額です。

パートで稼いだ中から、一か月の洋服代、何を買う?

私の1か月の洋服代は、1000円から1万5000円程度が相場となっています。

 

内訳として普段着用に主に着用する服の場合を説明すると、私は近所のイオンの火曜市に毎週行っているのですが、その時に30分間のタイムセールが開催されるので、その時に600円から1500円程度にプライスダウンした、カンゴールかミチコロンドンのTシャツを購入しています。

また、ユニクロやGUでは1000円以下で購入可能なキャラクターのコラボTシャツをたまに購入しています。

街中に出てウィンドーショッピングの一環として洋服を見ることもありますが、高いのでセール時期かよほど欲しいと思ったものしか購入には至らないので、普段の洋服およびお出かけ用の洋服は、楽天市場かセシールのネット通販で購入するようにしています。

楽天市場ではイムネット楽天市場店とB‐modeという会社での購入が多いです。QVCのテレビショッピングで売られている私の好きなブランドの洋服が入手できるので重宝しています。

楽天スーパーセールの時期かプライスダウンしている時に購入しているので、一度のショッピングで1000円から1万円以内の範囲でだいたい収まります。楽天市場やセシールでは毎月0回から2回程度洋服を購入しています。

年間合計で言えば、多い年で5万円程度であり、平均の中央値で3万円前後の購入が多いです。

 

もう身長も伸びないし、大学時代にたくさん洋服を購入しているので、洋服を大量買いしても収納する場所がないし、洋服は高ければいいものではなく、そこそこ名のあるメーカーのものを安く購入したほうがよいと私は考えているので、そこまでお金をかける必要はないかと考えています。

気に入ったものを長く着用したいと思うタイプです。

流行に乗らないことも節約術。

世間では名が知れていないメーカーの洋服や、私が知らないメーカーの洋服は購入しないようにしています。安いものでもメーカーものにこだわることで、いつか安っぽくて飽きがきて着用しないということがないようにしています。

毎年違う洋服の流行に流されず、ポンチョなど流行時にしか着られないものや、やたら短いスカートなどその年代でしか着こなせないものは買わないようにしています。

 

洋服を購入する基準は、10年スパンで着られるかどうか、自分に似合うかどうか、コーディネートしやすくてタンスの肥やしにならないかを考えて購入するようにしています。

断捨離とまではいかなくてもいいけれど、とりあえずとっとこうと思う洋服は捨てたほうが賢明です。1年・2年と着なかった洋服はすでにタンスの肥やしになっています。

洋服代を節約したいと思うのであれば、似たような洋服を購入しないためにも、自分が所持する洋服を知っておくことも大切なので、どんなものを持っているかを大まかにでも把握しておくことは大切です。

私は近藤麻理恵さんの本を見て、洋服の節約術の参考にして実践に至っているので、参考にするのも1つの手だと思います。フリーマーケットや古着屋で売られている服も、わりと掘り出し物が多いのでお勧めです。

私は同居する年の差22歳の母がいるので、母が似合わなくて着られなくなったものを貰ったり、私が似合わないものを母にあげたりしているので、洋服代を削減しているとも感じます。

私は家政科を出ているので、洋服のリメイクも得意な方なので、そういった点も節約につながっています。

私はすぐに完売しないであろう洋服はその場で購入はせずに、1週間時間をおいてまだ欲しければ購入するようにしているので、何でも即決しないで買う前によく考えることが大切です。