社会人男性の洋服代

ゴルフ大好き!40代社会人男性のお小遣いと洋服代の平均は?

私は年齢が43歳の男性サラリーマンです。職業は製造業の宣伝広報部門に所属していて毎月のお小遣いは家計から50,000円と自分の副業で稼ぐ50,000円で合計100,000円ほどが平均になります。

私の洋服代は平均すると年間合計で200,000円程度になると思います。この中には大きな買い物として50,000円程度のスーツが含まれることになります。

私の洋服代の内訳を調べてみた

次に洋服代でかかってくるのが趣味のゴルフのウエアになってきます。

 

私の場合はゴルフウェアに関しては私服でも着こなせるようなモデルを特に冬物に関しては重視して購入していますのでゴルフウェアとして購入しているものがすべてゴルフ場だけで利用するわけではありません。

 

例えばゴルフ場に赴く際のパンツやジャケット、シャツに関してはプライベートでももちろんそれなりに改まった場所で着こなすことができることが前提のものを選んでいます。

実際のゴルフのラウンド中に着こなすものとしても夏場のポロシャツはさすがにプライベートで併用し着こなすことができませんが、冬場のセーターやベストなどはプライベートでも着こなせるようなメーカーやデザインを選んで購入することにしています。

 

10万円のおこづかいと洋服代について

ついで内訳として多いのが私服になりますが、個人的な趣味としては高校生の娘と歩いていても恥ずかしくないようなフォーマルな洋服を好んで買うようにしています。

 

それだけに1着あたりの値段も高くTシャツやちょっとしたシャツでも5000円以上かかってきますので、品質の良いものをそれなりに選別して購入するのが私のパターンです。

 

さらにそのデザインに関してはあたし私のセンスがないので家内がコーディネーターとして常についてくれることになっています。

 

ここまで簡単に洋服の購入についての内訳を記載してきましたが仕事用のフォーマルなスーツで年間で50,000円程度、私服も併用して着こなすことができるさらにそのデザインに関しては私自身のセンスがないので家内がコーディネーターとして常についてくれることになっています。

 

ここまで簡単に洋服の購入についての内訳を記載してきましたが仕事用のフォーマルなスーツで年間で50,000円程度、

 

私服も併用して着こなすことができるゴルフウェアで50,000円程度、完全な主食として購入するもので50,000円程度、これで合計150,000円として洋服代に充てることになっています。

洋服代の節約術について

私の洋服代の節約術としてはなんといってもアウトレットモールのセールを有効活用することにあると思います。特に趣味のゴルフ夜に関してはアウトレットモールでお気に入りのブランドをいくつか見つけておいてセールのタイミングで常に購入することにしています。

ゴルフウェアに関しては型落ちのモデルでもそれほど古く感じることないので非常にお得に買い物することができます。

その他の宿に関しても数量をたくさん買うよりも品質の良いものを購入するようにしていますのでアウトレットモールで購入することもありますがこちらは専門店で常に最新のものを購入することがパターンです。

これでは節約術につながらないのではないかと言う声もあると思いますがゴルフウェアを節約することでこちらに投資をするというのが私のパターンです。

また本来の節約術と言う意味では、着用しなくなったジャケットやパンツなどをアップ買取してもらうところにあるといえます。

 

購入してから時間が経っていなければそれなりの値段で買い取ってもらうことができます。どうしても自分自身に合わないなとか着こなしが違うなと思った場合は早めに買取に出すことを心がけています。

また、男性の身だしなみとして正しいのかどうか分かりませんがパンツやアンダーシャツに関してはあまりお金をかけないことにしています。

 

それよりも常に新しいものを買い換えることで安い商品を購入するパターンが私のポリシーになっています。

こうして早めに買取店に洋服を出してしまうことや下着などにお金をかけないことで洋服代を節約することにつながり、どんどん新しい洋服を購入することができると思います。

まとめますと私の洋服の購入についてはメリハリをつけて割り切ると言うところにあると思います。