30代の平均洋服代と節約術

服は最低限しか持たない。30代女性の行う洋服代を節約する術とは?

職業は自宅の隣で小さな美容サロンを営んでいて、年齢は30歳です。

自営の為毎月の収入に差があるので自分にかけられるお金は変わってきますが、大体毎月のお小遣いに当てられるお金は3万円ほどに収めています。

結婚と同時に服を買う回数が減った。一か月の内訳は?

一ヶ月にかける洋服代は独身時代は50,000円ほどでした。好きなブランドがあり、用が無くてもそのお店に出向いてあれもこれも気に入ったものはすべて購入することがほとんどでした。

結婚と出産を境に、買い物にいくこと自体の回数も減ったので洋服代がぐっと下がりました。独身のころ好んで買っていたワンピースやパンツなど、一着10,000円前後だったものが、今はプチプライスのお店で一着2,000円前後のものを購入するようになり、どちらかというと今は下着や靴下など消耗品を買い足すことがほとんどかもしれません。

なので現在は自身の洋服代としてかけるお金としてはわずか5000円ほどかとおもいます。
内訳としては、先述したとおりストッキングや靴下などの消耗品は仕事で毎日使用するので大量に買い込みます。

ほかにも下着等を定期的に購入するので一ヶ月の内訳のほとんどは下着類になるかと思います。
毎月ではないのですが、温度変化が大きい季節の変わり目になると家族の服をまとめてどっさり購入するので、いつも一度の買い物で100,000円ほどになります。

そのうち自分の分としてワンピースやトップス、普段着に30,000円ほど使っていると思います。あとは仕事着の白衣のほかに会議などで使用するスーツを年一回取り替えるので、安いスーツですがだいたい10,000円ほど使用します。

幼稚園の茶話会用にもお洒落なワンピースを1~2着ほど買い足します。それも二枚で15,000円ほどかかります。

毎月5,000円のほかに夏・冬あたりで30,000円、仕事や行事用の衣類30,000ほどとなるので年間合計すると150,000円ほどになるかと思います。

いらない服はすぐ売って。結婚して変わった節約方法

最初にお話したとおり、独身のころは洋服が大好きで、洋服代がいくらかかっているかなんて考えずに買い込んでいたため、たくさんの洋服たちがクローゼットの中に眠っているのですが、最近はその洋服たちをフリーマーケットアプリで販売しています。
その洋服たちの売り上げを使用して、新しい洋服を購入する資金にしています。

今まではブランドにこだわっていたのですが、タグを見なければどこのブランドかなんてわからない、自己満足の域だということに気づき、最近は洋服一着に対する単価を下げはじめ、プチプライスで手に入るお店に出向くようにしています。

あとは先ほどお話したフリーマーケットアプリでもよく洋服を購入します。
フリーマーケットアプリなので中古が多いですが、素材によっては使用感がでづらいものもあるので(綿素材の洋服は毛玉等で使用感が出やすいですが、サテン地のワンピース等は使用感がわかりづらかったりするのです。)そちらを購入したり、そもそも新品もたくさん出品されているので、検索して探しています。

検索して、好きなデザインの洋服が見つかったときはとても嬉しいものです。

あともう1つ、節約術といえるのかわかりませんが、安い薄手の1,000円のTシャツを5枚買うより、生地がしっかりした5,000円のTシャツを1枚買うようにしています。

安いものをどんどん使い捨てという考え方より、首元がよれない、しっかりとした素材などを意識して購入するようになりました。

また何枚も洋服を持たずシンプルな暮らしができるように心がけているので、同じようなデザインを何着も何着もとは持たなないようにしています。

そうすることで洋服代はもちろんですが、洋服の収納スペースも節約できた気分になり気持ちがいいのです。