10代の洋服代と節約術

女子高校生から学ぶ洋服代の節約術。お金がなければ作ればいい!?

年齢は18歳です。職業はバイトをしながら学生をしています。

毎月のお小遣いは約12000円ちょっとです。

一か月の洋服代は8000円。その内訳とは?

一か月の洋服代は8000円ちょいです。
服は8000円くらい使います。ズボンは、あんまり買いませんが、約20000円くらい使います。よく買うのはジーパンとジーシャンです。まぁまぁなものをよく買うので、1着10000円は超えているものが多いです。

ちなみに、キャラ物の服などもよく買い、そこらへんは月々3000円くらいです。買うのは買うだけであって、着るのかと言われたら月一回着るかどうか・・・。ジャージはめったに買わず、買うとしても1年に1着ほど。それは3000円くらいです。

下着はすぐ買い換えます。シャツは、月5000円ほど。

 

パンツは2か月に2000円ほどです。これが洋服に入るのかは分かりませんが。夏と冬では買う服が変わってくるのでまぁ、夏は8000円くらい。

冬は10000円くらいです。冬が高い理由は厚着などをするときに下に着る服がちっさいと上に着る服が皮膚にあたり気持ち悪いからです。またジャンパーなどが安くても5000円以上するので、安いのを買いたくても買えず、冬に買う服の量とお金の量がかかり、予想を上回る資金が必要になってきます。

冬に着る分はヒートテック二枚、長そで二枚、もふもふの上着、ジャンパーなのでシャツも多く必要になってきます。シャツは月に8枚以上買うのでゆうに8000円はかかります(ヒートテックが高く、1枚当たり1000円は超えているので・・・)。

また学校に着ていく服はいつも一定でその服を買うのにも8000円弱・・・かかっています。冬にはマフラーなども買うため装備品だけでも10000円はかかっています。

年間合計 夏40000円。冬70000円。 合計110000円弱。

着なくなった服を元地に戻して再利用!?その節約術とは?

洋服代の節約術について

自分が良くする節約術は、着れなくなった洋服をいったん元地にし、それ以外の切れなくなった服などと合わし、服専用のペンキを使い色付けをし、使っていた服を違う服にすることです。それをすると2枚が1枚になる代わりに自分の大きさにあった服にすることができ、また自分オリジナルの服にできちゃうわけです。

例えばこうしましょう。昔使っていたこのお気に入りの服が着れなくなっちゃったけど捨てるのはもったいない。という場合、その服に合ったまた違う服を見つけ出し縫い合わせると昔の服のまたオリジナル感がでる服の完成です。鞄でもそうですが、鞄等の皮を取り、服に張り付けるだけでちょっとした高級感が出ます。

自分は布製のものがあれば基本メリットのあるものにします。もし、家に服がなくても100円ショップに行くと布地はいっぱいあるのでそこら辺を加工し、色を合わせ縫い合わせることができます。しかし、100円ショップの布は薄くすぐ破れるので2重にしておいたほうが無難です。

あと自分がする節約術は基本ですが、すぐに捨てない。です。靴下と同じ服が破れても捨てないほうがいいです。縫い合わせもいいですが、それだと「ここ破れたんだな」とばれてしまいますので、100円ショップでワッペンやクルミボタンなどを購入しましょう。

クルミボタンは自分で作成する奴があり、世界に一つ、自分だけのボタンが作れ、その破れたところを隠すように縫い合わせるとドール人形の服装みたいな服の出来上がりです。僕自身はワッペンを使います。

車や恐竜など子供でも大人でも恥ずかしくないようなワッペンが多々あるので破れたところに縫い合わせると、そこがワッペンでふさがれます。そういう風にすぐ捨てるのではなく、再利用や修復などで治すと何度でも使えるのでどうでしょうか?