30代の平均洋服代と節約術

30代学校職員の洋服代は一ヵ月1万円!その節約方法とは?

年齢は35歳、職業は勤続10年の真面目な学校職員です。

毎月のお小遣いは20,000円です。これは食費などの必要経費を含まない金額です。

一か月の予算は1万円。その内訳は?

私の一ヶ月の洋服代は10,000円の予算を組んでいます。全く洋服を買わない月もあります。元来捨てられない性格で処分しないまま買い足していくと、気が付くと箪笥やクローゼットがいっぱいになっていることがあるので買い物は慎重にするようにしています。

それに今は出来るだけ貯金に回したいので。内訳は大体トップスがほとんどで今月は来月の沖縄旅行に向けた買い物が多いのですが、

 

ミッキーマウスのシルエットの刺繍が入ったシックなポロシャツをセールで2,000円、汗に強いスポーツブランドは結構好きでコロンビアの吸汗速乾機能のついた白いガウチョパンツをセールで6,300円、ヘリーハンセンのTシャツ3,300円を購入しました。

予算の10000円は出てしまいましたが満足の出来る買い物でしたし、先月ほとんど洋服を買っていないので良しとしています。

 

年間合計は予算では一ヶ月1万円×12ヶ月なので単純計算すると12万円になります。でも今、箪笥やクローゼットを見てみると実際は5万円も使っていないようです。

この一年で買ったのはROPEのパンツ12,000円、シャツ4,000円、靴5,000円くらいです。私はなかなか捨てられない性格であることと、大変こだわり屋で、ちょっと変わったものが好きなので普通の洋服には興味を示さないのです。

なのでなかなか必要に駆られるか、よほど気に入ったものでないと購入しないのです。一度買ったからには大切に着続けたい。

 

だから今クローゼットに入っている仕事用の服多くはないのですが、使えるものばかりですし、中にはもう10年近く来ているものもいくつもあります。

これからも大切に着続けたいと思っています。良い洋服はやはり飽きが来ないですし、丈夫でほつれる事もありません。

着ない洋服を買っていない?節約するうえで一番重要なこととは?

洋服代の節約の上でいちばん大切にしていることは本当に使えるものしか買わないということです。」

仕事にも着ていけて、プライベートにも着ていけるのが理想ですが、これはあまり欲張りすぎると本当に好きな洋服を着られなくなり、楽しくないので仕事着とプライベート着は完全に分けるのが合っているようです。

仕事着なら仕事着の中で着まわし出来るものを、プライベートならきちんでもカジュアルでも着ていけるものを選びます。

 

どんなに節約していても気に入った服は買うことにしています。気に入らない服ばかり持っていると逆にどんどん買わないと気が済まなくなるようです。

逆にお気に入りの一着があるとそれで満足できてしまってデパートから足が遠ざかりました。だから私は気に入った洋服に出合えたら、それは運命だと思うので無理してでも買います。そしてその洋服とずっと仲良くします。

これはとても大切な節約術だと思っています。またセールも活用しています。

 

最近は2着以上で20%オフとかありますし、もちろん気に入ったものがあればですがそういう機会は積極的に活用しています。またポイントも結構侮れません。

デパートだったら一つを決めてそこだけで買うようにすればポイントが溜まり、商品券と交換することも出来、次のお買い物に使うことが出来ます。

 

最近注目しているのはデビットカード支払いです。これが結構ポイントが付いたり、キャッシュバックがあるみたいなのです。

大きな買い物をした時は100円くらいのキャッシュバックがあったのでびっくりしました。

クレジットカードであればもっとポイントが付くのは確かですが、クレジットカードは「ツケ払い」だと思っているので出来るだけ使いません。

感覚もおかしくなりますし。数より質、これが私の節約術です。