社会人男性の洋服代

40代男性の洋服の節約術とは?100円ショップでも節約できる??

私の年齢は45歳、職業は会社員です。

毎月のお小遣いは2万円ほどで、自由に使わせていただいております。

一か月の内訳は7000円、その内訳とは?

私が一か月の洋服代はおよそ7000円くらい使っております。

 

おしゃれな感じとは言い難いのですがいつも同じ洋服ではなく季節や暑さに寒さなどによって季節の変わりに順応した洋服を着ることを意識する内に自然と洋服を購入する機会が増えてきました。

友人や知人は毎月にかける洋服代はあまり購入しなくなったようですが私はある程度洋服にお金をかけているほうなのかもしれません。

 

休日など時間があればよくショッピングモールやアウトレットなどに行き、特に購入しないでもどのような商品が並んでいるのか、もし購入するならどれにしようかなどを頭の中で考え鏡で合わせたり試着することもあります。

よくよく考えてみると若い頃は勢いで洋服を購入することも多く、その場は良かったけど家に帰り冷静に考えるとあまり私の好みとは違うことがよくありました。

 

なのである程度は自分のスタイルが決まってきており、今現在家にある洋服にある程度合わせることができるような洋服に絞られていくのです。

カジュアルな服装が好みですが決してブランドにこだわることはありませんので年間合計金額も10万円ほどに抑えることになります。

 

内訳は冬の防寒用にジャンパーなどが2着ほど毎年購入しており2万ほどかかり、それ以外が毎月かかる金額になるので12カ月だとおよそ7000円弱となります。

営業の仕事ではないのでスーツを購入したりワイシャツやネクタイを普段から購入しないのでこのくらいの金額で収まっていると思います。時期にもよるのですが重ね着をすることが好きなのである程度使いまわすことが多いのです。

ボトムにはジーンズを着用することもあり、少しこだわった物を購入する時は金額が高くなることもあるのですがトップスをTシャツで着こなせるので帳尻は会うように工夫しております。

100円ショップも有効活用!消耗品は安上がり?

色々なファッションをするためにはある程度洋服代を抑えなければならず必要とされない物や削れる所は削り、生活に支障なく洋服代を確保しなければいけません。

 

幸いブランドにこだわらないため高額にはならないのですが羽目を外せばきりがありません。

私がこだわらない物の中に下着や小物があるのですが100円ショップで購入することもあります。

 

たとえば靴下もよい物を長く使うのではなく、消耗品として安くてもよいのでほつれたり穴が開きそうになったら躊躇なく定期的に新品を履くことができるのです。

また下着もまとめ売りや見切り品、在庫処分などで安くなった物を購入するようにしております。見えないおしゃれにこだわったこともあるのですが傷みやすい下着は定期的に交換しないといけないのは靴下の場合と同じ理由からです。

節約術ではないのですが合理的な考えと思い実践しております。

 

また洋服も季節の変わり目には在庫処分となり特売になる物もよく観察していればいつごろ行われるのか流行りすたりに影響したりしないで済む商品などに目をつけて的を絞り、購入すれば安上がりになるのです。

また衣料品を専門に扱う店も増えてきており安価でもデザインが優れた物も安く購入することができます。

 

一般の小売店でも昔からある商店街の用品店でも店の前に目玉商品が置いてあることもあるので思わず手にとり店内に導かれると思わぬ掘り出し物もあり、衝動買いに至ることもあるのですがトータルで安く抑えることができる場合もあり個人経営の小売店も侮れないのです。

一般的に長く洋服を着ることが節約ともいえるのですが、いかに工夫しておしゃれに気を使い自分のお小遣いの範囲で着まわししていくことが重要な気がします。