社会人男性の洋服代

IT企業の30代男性が毎日10万円の洋服代と節約術を語ります。

年齢は30歳で職業はスマホのアプリ開発。収入は、他の同年代のサラリーマンよりかは良い気がします。

そんな私の毎月のお小遣いとして使える額は、平均として10万円前後。

毎月のお小遣いはバラバラ、一か月の内訳は?

毎月のお小遣いの中から、約1万円から6万円を洋服代として当てています。

主にショッピングモールやセレクトショップでの購入です。季節の変わり目(四季)の月頭に、衣替えとしてアウター等をまとめて揃える事があります。

その際メインのアウターやパンツ、インナーを各2着ずつ購入。
セレクトショップやブランドによって異なりますが、1点で2万円を超える洋服はよっぽどの事がなければ購入しません。アウターとパンツは1枚に1万円から2万円以内の品で、インナーは1万円以内で揃える事が多いです。

  • 内訳(衣替えの時期)
  • アウター1枚(15800円)×2=31,600円
  • パンツ 1枚(12800円)×2=25,600円
  • インナー1枚(5000円)×2=10,000円
  • 合計 67,200円

衣替え以外は、インナーを月に多くて4枚程で、アウターやパンツはどうしても欲しいと思わない限りは購入しません。

  • 内訳(衣替え以外の時期・基本洋服代)
  • インナー1枚(3000円)×4=12,000円
  • 合計 12,000円

となります。

毎月1万円から3万円を基本的に洋服代に使い、多い時で6万円から7万円を洋服代に使っています。

その他、髪型によってアイテム(ハット・キャップ)を購入します。
私の場合、アイテムは決まったブランドで揃えていて、ショッピングの際どうしても欲しければ買う、と言った感覚で購入しています。

アイテムの値段は目安として1万円から2万円前後の品が多いです。

下着や部屋着で着る物は3ヶ月に一回位で定期的に揃えています。
値段は1回の合計で5000円以内です。

ここまで簡単に毎月の洋服代として、私の内訳をお話ししてきましたが、計算すると・・・
年間合計で約240,000円を洋服代として使っています。

私の思う節約術。その方法とは?

いざ計算して見ると、意外と洋服代にお金を使っているのかな、と感じます。
しかし「外見がその人の第一印象を大きく決めてしまう」ので、洋服に気を使わざる負えません。人との交際や、旅先などの回数が増えれば増えるほど、洋服や身なりは気にしてしまうのかもしれませんね。

「今までの洋服購入ケース」
洋服を購入する際、1度試着してから購入に至るケースが多く、決まって店舗に出向き、定員さんと会話しながらの購入シーンが、私の洋服を購入する流れでした。

前もって買う服は決まっておらず、雰囲気で買ってしまう・・・良くありがちなパターンです。

少しでも洋服代を節約したいなら何をすべきなんでしょうか?

「私の思う節約術」

・安くて良いものを買う
洋服はその人の自己満足とも言われますが、確かに高級なアウターやパンツの値段なんて普通の人は解りません。
よっぽど洋服に詳しい人でない限り、大体の値段は解らないものですから「多少安くても良い品に見える洋服」を選んで購入すると、大きく節約に繋がるのかもしれません。

・通販やネットオークション
今のネット社会において「通販」や「オークション」など定価より安い品が多く出回っています。勿論私も、過去に何度かネットを通して、洋服を購入した事はあります。

ただ、購入前に試着出来ないのがどうしても嫌で、今まであまり利用していませんでした。

もしネットで洋服を買う場合、購入前に「〇〇のこのアウターが欲しい!」など、ある程度決まっていれば、ネットで購入した方がはるかに安く、洋服代の「節約術」になるはずです。

・古着や中古品
古着や中古の品を扱うお店が、最近では良く目につきます。
こう言った店舗では、試着もできるので今度足を運んでみようと思います。

また、私が購入した過去の品々を「買い手ではなく、売り手として」そう言った中古のお店、古着店へ持参すればお金も返ってきます。
荷物を店舗まで運ばず、それこそネットで売る方法が最適かもしれません。

新しい洋服を、如何にして購入するかではなく、古くなった洋服を「いくらに変えるか」がこれからの時代にあった「私の節約術」なのかもしれません。