社会人男性の洋服代

30代男性の洋服代は3000円、その節約方法とは?

年齢は34歳、職業は通信業(郵便局)毎月のお小遣い:30000円〜35000で、ボーナス月は+50000円ぐらいになります。

年間の洋服代は30000円ほど。その内訳は?

私の洋服代は年間合計で約40000円ほどです。その内訳は、春4000円、夏6000円、秋10000円、冬20000円です。結婚してからは、お金を使う前に、費用対効果をじっくり考えてから使うようになりました。

特に洋服に関しては、すぐ傷んでしまうような生地は避け、安っぽく見えず、人と被りにくい物を選んでいます。UNIQLOもよく利用するので被りにくいという点に関しては特に気を使っています。

 

選ぶ時には、無地で大人っぽいシャツやズボンを、みんなが選ばないようなカラーをチョイスします。

春は約2000円のポロシャツやシャツを2枚程度買います。これも無地を選ぶ事が多いです。生地は着心地のよい綿100%を選びます。

夏はポロシャツ2000円×2枚半袖シャツ2000円1枚という感じです。夏は汗をかくので生地はサラッとしていて、ベタつかない綿以外を選択することが多いです。

秋は5000円程度の長袖シャツを2枚ほど買います。基本的にシャツタイプが好きです。前ボタンを開けて着るとき、閉めて着るときで、違う雰囲気を演出できるからです。

冬は、少しいいジャケット20000円を1枚買います。なるべくいいものを安く買えるようにバーゲン時期を狙ったり、ネットで新古品を選んでいます。

ジャケット系を選ぶので、ある程度名前の知れたメーカーの物を安く買えるように、買うまでにいろいろ下調べを行うので、結構時間がかかります。特にネットで購入する際には、サイズをきちんと調べて、自分の体型でジャストに着こなせるように細心の注意を払っています。

年間を通すと上記のような内訳ですが、例えば去年の夏服の持ちがよい場合は、翌年の冬服に浮いた分をプラスしてもう少しよいブランドの服が買えるような工夫もしています。

何を買う時も長く着れる服を選ぶ。それが私の節約術

基本的にオシャレが好きなんですが、小遣いが35000円ですので、交際費、タバコ代なんかを引くと、洋服代に使えるお金は月にほとんどありません。(飲み会が多いので)
ですので、洋服を買うときにはなるべく、長く使えそうな生地や、カラーに気を使って買っています。

節約術とまでいえるかはわかりませんが、いいものを安く買うために、最近はスマホアプリの『メルカリ』をよく利用しています。

 

ジャンルによっては5分毎に3〜5品ほど、出品されているほど利用者が多いので、張り付いて見ていると、いいものが相場以外で出品されていたりします。

あと、メルカリの良いところは出品者が値下げに、応じてくれるというところです。出品者が複数出品している場合は、他の商品とセットで購入するので500円引きにしてもらえたりします。

中には訳ありで、色落ちしていたり、逆にシミがあるので安かったりする服がありますが、色落ちしたものであれば、

 

よほどの複雑なカラーでなければ、布用の染色ペンなので目立たないように補修する事もできますし、逆にシミがついているものでも、漂白剤と重曹を使えばほとんどの汚れは簡単に落とせます。

それらの手間を惜しまなければ、ネット上には良いものがたくさん転がっているという事です。

後は、買った服を長持ちさせるためにしている事ですが、他の物と一緒に洗えば痛んでしまう生地の物であれば、お風呂に入るついでに手洗いをしたりしています。

ここまでできるかどうかは、買うときに、長く気に入って使えそうな物を、いかに、安く買えるかというのが大事になってきます。

好きでない洋服はわざわざ別で手洗いしたりしませんよね?
因みに、UNIQLOで選ぶ服一つにしても、長く付き合える服を選ぶように心がけています。