20代の洋服代と節約術

29歳女性がお小遣い5万の中での洋服代と節約術を語ります。

年齢は29歳で、職業は都内勤務の会社員女性です。毎月のお小遣いとして決めているのは5万円程度ですが、趣味にお金を使いたいので洋服代はなるべく抑えるようにしています。今回はざっくりと洋服代を計算します。

 

  • 洋服代:8,000円~1万円
  • 内訳:トップス2,000円~3,000円 2着、ボトムス4,000~5.000円程度
  • 年間合計:約20万円程度

毎月買う洋服は最低限に抑えています。しかしスーツやコートなど、仕事や季節に合わせて高額のものも購入するため、年間額は若干増えます。

職場はオフィスカジュアルで、制服が無いので、最低1週間は着まわせるようにしています

職場はお洒落な方も多く、清潔である程度綺麗な服装が好まれるので、ほつれていたり、洗濯しすぎてよれたりしたものは部屋着にまわして、見苦しくない程度に保つよう心がけてはいます。

しかし、着まわし重視なので同じような色、形の服が多いかもしれません。

トップスは、ユニクロやロペ・ピクニックでシンプルなものを購入することが多いです。あまり飾りが無く、すっきりしたラインのものが好きなので、自分でマンネリを感じたときはアクセサリーを新しく買ったりして少し変化をつけるようにしています。

また、洗濯したとき皺を気にしなくて良いので、シフォン素材を良く買います。朝、アイロンをするのが面倒くさいので…。仕事着は、クライアントによってジャケットを上に着ることもあるので、ジャケットを着ても違和感が無いかどうかも確認しています。

ボトムスも、下半身デブ気味なので、なるべくすっきり見えるデザインを好みます。ボトムスは自分の体型にあったものを試着して選ぶので、お店は絞らずルミネなどを色々見ています。ユニクロではあまり買いません。

 

色合いは、なるべく色々なトップスと合わせられる、ピンクベージュや白、紺などが多いです。どちらかというとスカートを購入することが多いですが、パンツも、体型に合えば買っています。

身長が平均より高く、似合うもの似合わないもの差が激しい体型なので、基本的にネット通販はあまり利用しません。必ず店舗で試着して購入するようにしています。

20代女子なりの洋服代の節約法

 

私の洋服代の節約術は、まず着まわししやすいものを購入すること。仕事用に購入する場合も、なるべくプライベートでも着られる服を選ぶようにしています。

 

職場では営業担当でクライアントと会う機会も多く、ある程度の数を購入しなければいけないので、プライベートと分けているとお金が足りません…。ちょっと飾りが可愛らしかったり、デニムにも合わせやすかったり、フォーマルすぎないものを購入しています。

また下着、コート、スーツなど、要る時期がある程度読めてそこそこ高額なものは、なるべくセールの日に買うようにしています。

 

特に下着は、安価なものだと肩が凝って辛かったりもするので、そこそこのものを30%以上オフになっているときを狙ってまとめて購入しています。

着まわしだけ重視すると、同じ色や形の服が増えて飽きてしまうこともあるので、セールのとき限定で、少しいつもと違うタイプのものも1着だけ購入したりします。

 

女性は身に着けるもので気分が変わるので、1着雰囲気を変えるだけで日々のモチベーションを保てたりします!ただ機械的に購入するのではなく、ちょこちょこ遊び心を入れていくと楽しいと思います。

また、定期的に服を捨てて整理することで、次どんな服を買うかは漠然とイメージしています。

 

なにも決めずに買い物に行くと、持っているものと似たような服を買ってしまうこともありますが、ターゲットを絞って「今日はこれは買うぞ!」と決めて買い物に行くので、効率よくできているのかなと思います。

 

お店やブランドにもこだわりは無いので、ユニクロもGAPも抵抗無く見ています。

 

最近はユニクロも働く女性向けの服を多く扱っているので、たまに見るととてもいい製品があって驚きます。

 

アプリのクーポンやセールを利用すればかなり安く購入できるのでおススメです!