20代の洋服代と節約術

最低限の洋服しか買わなければいくら洋服代が削減できる?

私の年齢は28歳で現在団体職員を職業として勤務しています。

既婚の私は毎月のお小遣いというか、毎日のお小遣い1000円で、昼食・交通費・交遊費を含めてやりくりしています。

ここ1,2年服を買っていない!?その内訳とは?

私の一ヶ月の洋服代は結婚してから、私のお小遣いでは0になりました。ほとんど服についてここ1、2年自分では買っていませんね。

しかしながら、必要最低の分は発生してくるので、そんな時は服のものにもよりますが、妻から別口で買ってもらっています。

 

例えば下着や寝巻、仕事で来ていくシャツなど消耗品で必要最低限のものについてで、むしろこれらは、妻より率先して「そろそろ買った方がいいんじゃないか」と声をかけてくれたりします。

そんな時は女性の目線を大事にして、自分では気づきにくい、身なりや身だしなみを整えるいい機会にしています。

そのため一か月の洋服代の内訳としては、すこしバラつきがありますね。自分のお小遣いだと0円で、年度の終わりや始まりや季節の変わり目の時期に、色々と妻から買ってもらうと、多い時は5万ほどかかるときもあります。(スーツやジャケットを含めて)

特に仕事柄、カッターシャツやスーツ、スラックスなどはほぼ毎日着るので、それにかけるお金の比率が多いかもしれません。夏はクールビズのため、ポロシャツやチノパンなどでローテションしたりして、回したりはします。それらだと駄目になっても、安く購入しやすいので。

また冬だとジャケットとスーツを着るので、たまに結婚式やパーティなどしっかりとしてドレスコードがある場に、毎日使っている服で行こうとすると、嫁から新しいものを買ってあげるよと言ってくれる時もあります。

なので年間合計の洋服代はそれらを含めて多くて約7~8万ほどでしょうか。スーツやジャケットを毎年買っているわけではないので、それを除いた時は年間2~3万ほどでしょうか。それらの多くは娯楽や趣味で買っている洋服はほとんどないですし、また自分からこの私服が欲しいんだけど買ってと妻にいう事もないですね。

最低限しか服を買わない節約術

私の洋服の節約術は前述でも述べたように、必要最低限のものしか購入しないといったことです。当たり前のことですが、かなり洋服代を節約できます。

 

昔学生時代や、独身時代は自分のアルバイト代等のお金で好きな服を、好きなタイミングで買ったりしていました。購入場所はアウトレットや、大手ネット通販サイトでブランドの服を買ったりしていました。

しかしながら、大人になり、仕事がメインになってくると、思ったより私服を着ていないことに気づき、私服よりも下着や仕事着、靴など使っているものにお金をかけた方がいいといった考え方に変わっていきました。

またさらに結婚すると、二人暮らしを始めた時、服を整理していると、こういった整理作業も面倒に思う様になりました。

 

あまり着ていない服のためにこのような作業が大変になったり、スペースも圧迫していくと思うと、あまり服を購入するのは控えようと思いました。またその時に結構服以外も断捨離して整理しました。

それからは服の洗濯やローテンションについて気を使う必要が発生しましたが、服にかけるお金も、手間も少なくなり、シンプルな生活になりました。

その他の節約術としては、今あるものを大事にするといったことでしょうか?

 

とくに断捨離してものを整理した私は、残った必要なものを大事にする癖がつきました。カッターシャツは洗濯機で洗ってもしわが出来にくいものを使い、ネットに入れて洗っています。

スラックスは裁縫が得意な祖母にほつれや破れてしまった部分を直してもらったりしています。お気に入りのもののため、愛着もあるし、長く使えていいかなとも思っています。

ただし、あまりにもボロボロになってしまったものや、みすぼらしくなってしまったものは、妻の目で取捨選択をしてもらっています。