主婦の洋服代と節約術

50代主婦に美容代の年間合計と節約方法を聞いてみた!

私の年齢は56歳の主婦で、職業はフォトジャーナリストです。毎月のお小遣いは決まってはいないのですが、だいたい3万円くらいです。

洋服代の内訳は無印良品で買うことが多いので、1着に関してはそれほど高くはないのですが、デニムは中国製ではなく9980円の日本製のものを買っています。

 

私なりのこだわりがあって、できるだけ日本製のものを選んで買うようにしているのです。

トップスはTシャツやブラウスが多いのですが、秋冬になるとカシミアのセーターやカーディガンを買うことが多く、1枚1万円くらいします。

 

もう無印良品のカシミアのセーターやカーディガンは全色集めているような感じですが、毎年、若干色が違っているものが出るので、おもわず買ってしまいます。

 

春夏は無印良品のの麻のワンピースやパンツ、ブラウスなどを中心に買っていますが、ワンピースでも4990円くらいで買えるので、とてもリーズナブルな値段だと思います。

私はワンピースが好きなので、毎年ワンピースを新しく買います。夏はやっぱり麻のワンピースが涼しくていいです。

1ヶ月のお小遣いは3万円くらいですが、洋服代に使うのは毎月2万円くらいだと思います。その月によって変わってきて、ちょっと高いものを買うときには、1ヶ月の洋服代が4万円くらいになったりすることもありますし、あまり買わない月は5000円くらいで収まることもあります。

年間合計では15万円〜20万円くらいです。私の場合は洋服にかける金額よりも靴にかける金額の方が多いので、洋服は一時期に比べると、少なくなってきています。

その年のファッションの流行によって、買うものも変わってきますので、流行が気にいると売っているものも好みのものが多くなって、買う頻度も多くなり、出費もかさむようになってきます。

アウターはお金がかかりますが毎年買っています。

ヤフオクを使って洋服代を節約する裏技とは?

 

洋服代の節約術としては、ヤフーオークションなどを利用して、出品されているものにアラート設定をしていて、

 

特に私が好きなマーガレットハウエルやトゥモローランドのものが出品されると知らせがくるようにしているので、オークションで落札して安く手に入れるようにしています。オークションだとかなり安く買えるので、洋服代を節約するのにはとてもいいものです。

そして、一過性の流行のものを買わずに、長く使えるような定番のものを買うようにしています。

 

定番のものは流行に左右されないので、毎年着ていてもおかしくありませんし、着こなし方でどうにでもなるので、ファッションに興味があれば必ず持っているようなものを買うようにしています。

一過性の流行のものは、時期が過ぎてしまうと滑稽に見えたりするので、あまり買わないようにしています。

 

それも一種の節約術です。

 

デニムなどは今では細身のものもワイドパンツもどれでも好きなものを着ることができるようになって、とてもいいことだと思います。流行に左右されず、自分に似合うものを長く愛用することが節約術になるのです。

オークションで気に入ったものを見つけたらウォッチをつけて他の人の入札状況などを見ていますが、自分でだいたいこれくらいだったら落札してもいいかな、という値段を設定しておいて、それ以上になったら潔く諦めるようにしています。

 

ヒートアップしてしまうと、とんでもない値段まで上がってしまうので、引き際が大事だと思います。

 

他に競る人がいないと、かなり安く買えるので、洋服代の節約になります。タグ付き新品を狙っていますが、中古でもそれほど気になりませんし、気に入ったブランドのものだったら入札して買います。