20代の洋服代と節約術

毎月10万!?給料の半分を使う20代女性の洋服代

私は年齢は二十代後半です。職業は、会社員、製造メーカーに勤務しています。毎月のお小遣い、私はまだ結婚していないので現在は特に制限を設けていません。

年間の洋服代は120万!?その内訳とは?

私の一ヶ月のお給料は27万円前後です。自分で働いて稼いだお金なので、今は好きなように使っています。結婚して子供ができたら好きなように使えないのはわかっているので、今の一番良いときに、欲しいと思ったものは迷わず購入しています。

仕事のストレス発散にもなっています。洋服が大好きな私は、洋服代ら一ヶ月の支出の中でも大きな割合を占めています。洋服の内訳は、10万円前後です。デート用の洋服に約7万円、会社に来て行く約洋服に3万円ほど。

私は特にデート用の洋服を重要視しているので、会社用の洋服は、セール品や、プチプラのなかでもトレンドが抑えられ安く見えないクオリティが高いものを購入します。会社用は、会社でも浮かない、子供っぽくならないように気をつけています。

特にスカートは、長めの上品なものを購入します。仕事用は価格を抑えて、数が欲しいため、ブランドらGUやユニクロなどを上手く利用しています。デート用は、好きなブランドのものを購入します。スタイルがよく見えるもの、彼氏の好みにそうものを特に重要視して購入します。

私は東京に住んでいないので、ネット通販での購入が多いです。ネットを常にチェックし、気になったものをスマホで写真を撮って候補リストに入れます。好きなブランドの通販サイトを頻繁にチェックし、新しいものが出たら売り切れる前にゲットできるようにしています。

雑誌もよくチェックし、好きなモデルの子が着ている洋服は抑えるようにしています。似たようなデザイン、色のもを買ってしまうこともありますが、迷って買い逃してしまったときの方が損だと思っているので、特に気にしません。

年間合計は、120万円前後です。こうして数字にしてみると結構な金額をかけていることが改めて分かります。

結婚を意識してから変わった。その節約術とは?

しかし、私は気づけば二十代後半のアラサーです。最近では同居している彼氏から、洋服代を抑えるよう、頻繁に言われるようになり考え方も変わっていきました。彼は節約家で、特に洋服については本当に必要最低限しかかけていませんでした。

ただ、私との交際費にはお金を惜しむことはありません。私は自分だけ自分のものに好きなだけお金を使っていたので、前から申し訳なく思っていました。見習うべきところがたくさんありました。

今までは自分で稼いだお金だから自由に使わせてほしいと思っていましたが、最近は結婚を意識するようになり、やはり節約してなるべく貯金する方向にシフトしていかなければと考えるようになりました。

これまで大好きな彼氏に可愛く思ってもらいたいがために洋服にかなりのお金を掛けてきましたが、その大好きな彼との未来のためには節約して今後の2人の生活をより良いものにすることが私の一番の幸せだと考えるようになりました。

まず、私は今まで購入した洋服を整理するところから始めました。気に入って買ったものでも、一年着ていないものは捨てました。クローゼットを整理した後も、手持ちの洋服はかなりの数が残りました。最低限のものが揃っている間は、洋服を購入しない、月2万円まで、というルールを自分で作りました。

今までチェックしていた大好きなブランドの通販サイトのチェックも辞めました。単純なことですが、私のこれまで掛けていた洋服代がかなり浮くことで、貯金できるお金は大幅に増えました。

こんなことは当たり前のことで、節約術でもなんでもないかもしれませんが、私のように洋服にお金をかける方も多いと思うので、参考になれば嬉しいです。