30代の平均洋服代と節約術

一年間の洋服代の合計は5万円、そんな女性の節約術とは?

年齢は30代で職業は普通の会社員になり、会社では接客が多いため日々綺麗な格好また綺麗な服装でないといけないため、大体毎月のお小遣いは4万円になりその範囲内で洋服を購入しています。

通販で買いすぎ注意!一か月の内訳は?

年齢職業毎月のお小遣いについて
まず、1年間で使用する洋服代は一年間合計として大体、5万ぐらいになります。

一気に色々買うのではなく、セールは勿論時期ごとに必要な洋服をその都度足していったり
その都度買ったものをレシートで履歴として残し、年間合計はいくらだろうと計算していくと
大体、小物なども入れて洋服代の年間合計は、5万ぐらいになると感じました。

元々そこまでお洒落に興味はなく、そしてそこまで洋服代にかけるお金を重視しなかったので
洋服代が1年間合計として5万ぐらいが普通かなと感じます。

また、買う商品自体もそこまでハイブランドではなく庶民的なユニクロや通販などでも安くて
デザイン性が良いものや、着地がよく金額もそこそこ安いものを買うように心がけています。

そうする事で、内訳が少し残り1年間合計としても時として洋服代の金額が浮くことがあり
その分、小物などの購入に回せたり他にも、普段少し高くてあまり買えないという靴なども
購入できたりするので、大体1年間合計として5万ぐらいで丁度いいのかなと感じています。

また、洋服店などのセールは定期的に行われますが欲しいものがなければ購入せず
また、毎月購入するというのもあまり行わず欲しいものがある時は欲しいものを購入したり
たまにいい服に出会えた時に買う程度でわざわざ新作をチェックしてまで買い物に行ったり
毎月購入したりなどはしないよう心がけていての5万に収まる場合があります。

また、洋服を買う際には必ず通販でもレビューをみたり着用後の口コミを必ずチェックするように
心がけているのと、できるだけ通販サイトを利用したり通販サイトであれこれ買わないように心がけています。

通販は家にいながら買い物がボタン一つですぐに出来たりする恐ろしさがあるので
金銭感覚が分からなくなるのは勿論、何を何処で購入したのか具体的に分からなくなるので
できるだけ現金で買えるよう、洋服の買い物を心がけています。

また、通販だと生地は勿論サイズ感や着心地などがわからないためできるだけ外に出て購入しています。毎月のお小遣いは6万になるのでそのうちの半分をたまに洋服代に回しています。

欲しいと思ったら買わないと気がすまない?おすすめの節約術

洋服は案外1年間を通すと高くなり、結局後々要らない洋服まで出て来たり洋服代だけで時に
毎月赤字をしたりなど、特に女性はそういった経験が多いではないでしょうか?
では今回はどうしたらお洒落にそして的確に節約できるのかの節約術と注意点も含め紹介したいと思います。

まず、洋服を買う前に一度試着したら本当にこの洋服は自分にとって今必要なのか。
そして何故、赤字になってしまうのかの原因をしっかりと把握しないといけません。

その多くは店員さんに強く勧められると断れない。
欲しいと思ったら買わないと気がすまないなど性格的によるものが多いようです。
これらを断るのには確かに勇気がいったり、話しこまれてしまうと中々抜け出せないまたは断れないというパターンが多くあります。

節約できない多くの原因はそういった部分に特徴がありまた、自分が今この瞬間購入しないと損になるという気分がおこるためつい買ってしまう傾向があります。

ですが、実はそういったものは案外着なかったりずっと売れ残っていたりする場合があるので
一度自分のタンスの中の物がどんな洋服が入っているか。

また、どんな洋服たちがいたのかなどを、スマホでもいいので写真に撮影したりメモを取ったりし
購入前にどんなものがあったかを確認し、その場でほんとうに必要なのかをしっかり見極めていく必要があります。

では具体的にどのように洋服代を節約していくかその節約術はまず1枚買うなら、1枚は必ず捨てる
というのを習慣づけて枚数を増やさないようにするのがコツといえます。

具体的には、何シーズンも着用していないものや好きなデザインなのに上手く着回せていないものはいつか捨てようではなく容赦なく処分していくことが大切といえるでしょう。