主婦の洋服代と節約術

40代主婦がお小遣いに占める洋服代と節約術を語ります。

年齢は44歳、職業はフリーライターですをしている主婦です。毎月のお小遣いは2万円で習い事、洋服代、交際費をまかなって一か月の洋服代は約6000円です。

内訳はワンピース類が4000円~5000円位、Tシャツやインナーが1000円~2000円程度です。洋服代の年間合計は、80000円以内におさめるようにしています。

私は同じようなデザインや柄の洋服を買ってしまうくせがあるため、できるだけかぶらない様に時々洋服ダンスの中を見て整理をしながら、新しい洋服を買うようにしています。

 

あとは、自分の中で長く着れるものかどうかをよく考えてから、買うことを決めるようにしています。

あと、どうしてもTシャツやキャミソールのようなインナーウェアは必要なものなので、予算を別に取るようにしています。

流行にあまりこだわりがないため、だいぶ前に買った服でもできるだけ着まわしてうまく使うようにして、無駄な洋服をなるべく買わないようにしています。

年間の洋服代の合計費用は設定していますが、少なくてすむようであれば、洋服代はカットします。購入するにあたっては、特に好きなブランドがあるわけではないため、自分に合ったデザインの服であれば買います。

普段からセールの時期をよくチェックしておき、必要な時期に必要な買い物だけするように心がけています。

買った洋服を同じ洋服ばかり着ることが無いように1週間の中で同じ服を2度以上着ることがないようにしています。

あと、よそ行きの洋服は普段の特にたいしたことの無い日に着て、いたむことのないようにカバーをかけて洋服ダンスにしまっておくようにします。

日常使いとよそ行きの洋服の使い分けを上手にするようにしています。あまりに安い洋服ばかりだとすぐ飽きてしまうし、着ていてもちっとも嬉しくないので、たまにデザインが凝っていて、金額が高い服を思い切って買うようにしています。

洋服は友達と交換して節約!

洋服代は、今は出来るだけカットするようにしているため、特に気に入った洋服が無い時は、買わずに次の月の洋服代に持ち越すようにしています。

 

特に、私は流行やブランドにこだわりをそれほど持っているわけではないため、あくまで自分に合うデザインのものかどうかで選んで、それも必要に応じて購入することにしています。

 

あと、自分の持っている洋服をチェックするようにして、同じようなものを買わないように気をつけています。

 

そして、持っている洋服をできるだけ生かすようにします。

例えば、持っている洋服の上に着るためのカーディガンを買う時も持っている服のほとんどに合うような色を優先して買います。それと時々は、自分の持ってる洋服がマンネリにならないように全く洋服の趣味が違うお友達とお互いに持っている洋服を交換しています。

 

これは、かなりの節約になります。

 

主婦は洋服代を抑えて化粧品や交際費などいろいろなことにお金をまわして使わなければならないため、私なりの節約術としては物々交換をして、なんでもかんでも新しいものを買わなければいけないような考え方をせずに、「今、ある物を生かすか、もしくは誰かと交換をする」という考え方をして洋服代を無駄なく効率よく使う努力をしています。

セールス時の無駄遣いをしないで節約!

あと一番気をつけていることは、セールで洋服を買う時には「安いから買う」のでなく、「気に入ったものだからお得な値段で購入する」という考え方をしてます。

 

その理由は、安いから買うと、必ず買った後になって気に入らなくなってしまい、着なくなるため、結局、無駄な買い物をしたことになってしまうからです。

逆にあまり安くなかったとしても、どうしても気に入っているデザインの洋服であれば、お徳かどうかに関わらず、購入することがあります。そのようにして選んだ服は、長く飽きないで着ることが出来るからです。

ただし、値段が高い洋服を買う時は、衝動的に買わずに金額に見合うかどうかや、他の買い物との兼ね合いもよく考えてから買うようにしています。