20代の洋服代と節約術

1か月の洋服代は2000円!?20代女性の節約術と1か月の内訳

年齢は29歳で、現在の職業はまだ名乗れるほどではありませんが、ライティングを主な収入としているフリーランスといわせていただきたいと思います。

毎月のお小遣いは大体5000円ほどです。

1か月2000円の洋服代、どんな買い方をしてる?

私が一ヶ月に使う洋服代ですが、実は時期によってもかなり変動が激しいので平均を取るのが難しいという現状にあります。しかし強いて平均してみるならば2,000円程度でしょうか。

例えば先月の洋服代の内訳を見てみると、マキシ丈のスカートを900円で購入し、袖口が結べるようになっている半袖トップスを300円で購入しました。それと500円程度のTシャツを二枚購入したので、先月は平均と同じくらいの2,000円程度となりますね。

しかしこれはあくまで先月のことで、一切服を購入しなかったり買っても1,000円程度という時もあれば、5,000円近く購入してしまう時もあります。この理由は明確で、やはり春先や秋口など季節の変わり目には洋服が欲しくなってしまうのでついつい買いすぎてしまったり、出かける用事が多いといろいろなお洋服を着たいと思ってしまうので沢山購入してしまうのです。

反対に特に出かける予定もなく、シーズンの半ばなどであれば購買意欲が高まることがないので、必要最低限の洋服のみ購入するという形となっています。また、冬などはアウターを購入する必要が出てくる場合もありますので、そうすると洋服代が跳ね上がりますね。

基本的に長く服を着たいと思うタイプなので流行りものを購入することは少ないですが、どうしても欲しくなってしまうこともあります。そのようなときはたいてい洋服熱が上がっているときなので、ついついいろいろなものを購入してしまうことも珍しくありません。

このようなことから年間合計は31,000円となりました。勿論すべてを事細かに記憶しているわけではありませんし、消費税などを加味していないので誤差はあると思いますが、概ねこの程度年間で購入しているといえるでしょう。

節約術はプチプラと古着屋さん!その方法とは?

それなりに洋服を購入していますが、一般的な支出と比較するとかなり安価に収めているのではないかと思います。これは現在あまり稼ぎが無いこともあり、なるべく洋服代をかけたくないという思いが強いためです。しかしお洒落は嫌いではないので、なるべく安く自分が満足できる方法を探しています。

そんな私の節約術の一つはやはり安価なお店に行くことですね。いわゆるプチプラファッションというもので、知名度の高い量販店も多いことでしょう。それらのお店は全体的に安い商品が多いのですが、セール時にはさらに安価になることも多いのです。

そのためセールを狙い、よりお得に購入することで節約をしています。また、一般的なショップでもセール時にはかなり安くなりますので、ショップではセール時のみ購入するというスタンスをとっています。

また、人によっては嫌だなと思うこともあるかもしれませんが、古着、正しくは中古の洋服を購入することも珍しくありません。例えばいつもと違うファッションに挑戦したいと思った時、いざ購入しても実際に着ることがあるのかと自問自答することがあります。

そのような時に中古であれば安価で購入することができるため、着なくても安いから良いかと思うことが出来るのです。

なるべく着回しがききやすそうなものを購入するというのも節約術といえるかもしれません。例えばこのボトムス可愛いなと思ってもすぐに購入せず、自宅にあるトップスやアウターで合わせられるものがあるかと考えます。

あれと合わせればいけるなというものがあれば購入しますし、なければお店の中をみて合いそうなものを探します。それが安ければ一緒に購入をして、そうでもなければどちらも購入しないのです。

これらは安く販売してくれるお店や良いものを買い取りに出してくれる方がいらっしゃるから行える節約術なので、いつもありがたいなと思いながら買い物をしています。