30代の平均洋服代と節約術

「ついでに…」で買い物をしない!30代女性の節約術とは?

年齢は30代、職業フリーランスです。
その月の収入によって毎月のお小遣いは異なりますが、だいたい2〜5万円で、仕事とプライベートのあいまいな飲み会や食事もここから出しています。

一番洋服を買うのはいつ?洋服の買い方を公開

洋服代の年間合計は20万円ぐらいです。
内訳は夏:冬=1:3ぐらいでしょうか。
もちろん洋服自体の金額も冬物の方が高い印象があります。

国内ブランドが大好きで、セレクトショップなどで買い物をします。
以前数万円する服を何着も買っていましたが、やはり服も消耗品・・・ファストファッションの倍ぐらい着れれば良い、という程度でしょうか。

高額な洋服であってもしまいこまずにどんどん着てしまうタイプなので、今は数千円から2万円ほどの価格帯の洋服を選ぶようになりました。
セールはほとんど利用しません。

安いからといって余計なものを買ってしまう可能性があるし、サイズがなくて取り寄せたり他の店舗を回ったり・・・という時間的なロスを考えても、定価で欲しい時に欲しいものを買ってしまうほうが良いと思っています。

洋服代の内訳にはランジェリーも入っていますが、こちらはセールを利用することが多いです。
自分の体型にあったブランドはこれ!と決めているところがあるので、セールになったらネットでサイズとカラーで検索、良いのがあれば購入し、なければそのシーズンは購入しません。

ただ、どうしてもほしい!というものがあればどんと貯金からまかなってでも購入します。
以前10万円ほどのジャケットをシーズン前から予約して購入しました。
デザイン性が高いのでプライベートでしか着ることができないものでしたが、満足感も高く、それほどの価値があったと思っています。

若い時にたくさん洋服に投資していたので、ベースが出来上がっているぶん、30代になって継ぎ足し継ぎ足しの購入で追いつくことができ、セレクトショップで定価購入でも、20万円程度に収めることができているのだと感じます。

セールに行かないのが節約術?その方法は?

洋服代の節約術は、セールに行かない。これに尽きます。
安いから色違いも、ついでにこれも買っておこう・・・結局定価以上の金額を使ってしまうことになります。

「ついでに買った」洋服は、自分の中でもやはり「ついで」のイメージができてしまって、着ていてもテンションが上がりません。

セールだったし、まぁいいか、と洗濯やお手入れも気遣いを失って、長持ちさせることができず、気持ち的にも物質的にもセール価格ぶんのコストパフォーマンスしか得られません。
安物買いの銭失い、量より質、洋服代の節約術としてはこの言葉を胸に刻んでいます。

そして、部屋着のための服を購入しません。
家の中で快適い過ごすための服・・・とよく言いますが、どちらかといえば普段から着心地の良い快適な服を選んでいるので、自宅でもそれを着て掃除洗濯料理をします。

大切で気に入った服を着ながら自宅で過ごせるのは気分が良いですし、突然の来客や配送業者の対応などもそのままでOK。

実家にいた頃はパジャマのような部屋着を愛用していましたが、一人暮らしを機にこのスタイルに変えたところ、自分に合っていたのか本当に気に入ったものだけで過ごせるようになりました。
夏の洋服代の節約術としては、ボトムを手作りしています。

デニムなどを履くと選択も大変ですし、汗をかいたらどんどん着替えたいので、薄手の綿やリネンの布で色々なボトムを作っています。

布代を考えるとファストファッションのお店で購入するものと変わらない時もありますが、ファストファッションでは変えない自分らしいシルエットのボトムが作れるので、ちょっとしたブランド気分で着用できます。

世間でセールが始まる夏休みの季節、雑誌の新作を見ながら次の季節の洋服を考えるのがとっても楽しいです。