社会人男性の洋服代

40代社会人男性の洋服代と節約術は俺に聞け!

年齢は46歳です。職業は不動産管理の仕事をしています。
毎月のお小遣いは特に決まっていませんが4万円から8万円程度家計とは別に支出しています。

洋服代は月平均すると10,000円程度になります。

年間合計は12万円程度になります。

 

洋服代の一か月の使い道と内訳について

内訳は仕事に使うスーツ代で3万円程度。ワイシャツ、ネクタイ、スラックスで2万円程度、下着・靴下で5千円程度。ビジネスシューズで2万円程度、休日に切る洋服で3万円程度、その他という感じです。

洋服は毎月買うわけではなくシーズンごとに買うパターンが多いです。
そう若くもないので流行を追うということもなく年相応のオーソドックスなものを好んで購入します。

肌着・靴下はネットでまとめ買いをしてストックしておき無くなったら注文するというパターンが多いです。

 

同じデザイン・サイズものをまとめて購入します。メーカーも同じものを買うのでサイズ違いを気にすることなく機械的に購入しています。

スーツは以前は何着も買って毎日違うものをローテーションで来ていましたが、今は無難なデザイン・柄のものを2着ほど買って着まわして、よれてきたら新しいものを買って取り替えるという感じです。出来るだけ家庭で洗えるものを選んでいます。

 

ネクタイ・ワイシャツも消耗品と思っています。買ってヨレヨレになったら捨てて新しいものを買ってと言った感じです。これもごく普通のデザインのものしか買いません。

ビジネスシューズも以前は靴屋で買っていましたが、今は通販が多いです。2足ほどをローテーションで履いてダメになったら新しいものを取り寄せます。メーカーも決まっているので特に試着等はせず買っています。

プライベートはTシャツとパンツというカジュアルな組み合わせが多いですTシャツもあまり派手なものは好きではなく無地のものを好みます。お気に入りのメーアーがあるのでシーズンの初めに2枚ほど取り寄せて来ています。

私服のパンツは実際に履いて見ないとわからないのでリアル店舗にて試着の上購入しています。正直めんどくさいです。

コートなどを買ったシーズンは洋服への支出は大きくなります。

必要なもの以外買わないことこそ洋服代の節約術

 

洋服代の節約術としては安くても必要ないものは買わない、納得できないものは買わない、ディスカウントのタイミングを見計らうということを心がけています。

よく衣料品店を回ると2着目割引とか3着買うと3着目ただというキャンペーンを行なっています。

 

以前はそういうキャンペーンに誘われて大量に買い込みましたが、必要ない洋服を買っても結局ほとんど着用せずに終わるとうことを自己学習したので、安くても必要ないものは買わないということにしました。

先日もパンツ1本2,000円、2本目は半額の1,000円というセールをしていましたが、結局合うサウズで気に入ったものがなかったの1本のみ購入して帰ってきました。

以前は洋服屋さんで店員さんに勧められて「そーかなー」と思いながら購入して、家に帰って着用して「やっぱりイマイチ」とか「これ持っている洋服にどーやって合わせようか」なんて思ってそのままほとんど使わずに古着屋に売却というものが多かったです。

社会人になって私服を切る機会が減りロードワーブが少なくても済むようなりました。たとえお得でもきない洋服を買ったお金は無駄な支出なので割引率とかに惑わされずに必要なものだけを購入することにより節約を実現しました。

あとスーツが大きな支出なのですが、近所の紳士服店(アオキ)では先着5名まで7〜8割引きセールというのをしていてこれを利用すると定価4万円のスーツが1万円以下で購入できるのでもっぱらこれを利用することによって節約を行なっています。

基本的にスーツは消耗品と捉えています。

ただし単価はあまり気にせず、気に入ったものがあればあまり値段を気にせずに買います。

安いものを大量に買って無駄にするよりも、確実に着回せるものを必要なだけ買ってきちんと消化するという感じです。