社会人男性の洋服代

セール品だからって服は買わない。おしゃれ20代後半エンジニアの節約ポリシー

年齢は20代後半。職業はシステムエンジニアです。一か月のお給料は手取りで約26万円程度です。フルタイム、独身なので毎月のお小遣いは約7万円前後ですが、大半を美容代よりも趣味に使っています。

毎月服を買ってます。先月は…

一か月の洋服代は毎月、約1万円から1万5千円といったところです。
例えば先月の6月の内訳を見てみましょう。

・パンプス(約5,000円、ブランド名はJellyBeans)
・七分丈ボトムス(約5,000円、ブランド名はROPE PICNIC)
・ノースリーブのトップス(約3,000円、白、こちらもROPE PICNIC)
・フレンチスリーブのトップス(約3,000円、紺、ブランド名はFabulous)

基本的に毎月、ボトムスorジャケット、トップス1~2枚、靴を一つずつ買い足していくイメージです。こうしてみるとROPEが好きなんだなと気づかされます。もっと年齢があがったら同系列の大人向けのブランドにも挑戦したいです。

パンプスは2ヶ月に1回のペースで購入します。履きやすく自分の足の横幅にぴったりなのでブランドはJellyBeansを愛用しています。多分店員さんに顔を覚えられてしまっているのではないかと思います。

ボトムスはどちらかというとパンツ派で、週に1~2回スカートを履くといった感じです。資金に余裕があるときはB-Threeで買いにいきます。質がよいのでかなり長く着回せます。

ジャケットを羽織るのが好きなので、特に職場で決められているわけではないですが結構な頻度でジャケットを着ています。どちらも購入は2ヶ月に一回程度です。今月はパンツを買ったから来月はジャケットを買おう、とマイルールを決めています。

トップスも原則月1枚が基本です。飲み会や遊びの誘いの頻度が多い月は、あと1~2枚程度増えることもあります。

このペースで毎月購入しているので、洋服代の年間合計は約15万円程度です。
今回は洋服代のみの合計ですが、上記にプラスして美容院代や化粧品代がかかるので全体の美容関連費用はもう少し増えると思います。

後悔しない服の買い方

他にお金のかかる趣味があるため、洋服代についてはできるだけ安く済ませたい、というのが本音です。したがって上の金額は同年代に比べて少なめだと思います。しかし価格の高い洋服はデザインのみならず肌触りも非常にいいので、袖を通すだけで朝からテンションが上がります(笑)

お金をあまりかけたくないけどテンションは維持したい!と考えて編み出した節約術が、良い服のローテーションです。(あ、結構ありきたりですね。。。)すなわち、
・購入する時は明日からたくさん着るかどうか、よく吟味する。なにか1箇所でも気に入らない部分があったら買わない。値段が安くなっているから、という理由で購入すると結局あとで後悔するため。
・着回ししやすい組み合わせであることを重視する
・きれいに着る。洗濯時はネットに入れるなどして洋服を大事にする。
・(パンプスは)かかとがすり減ったら修理サービス店で交換してもらう。多少割高でもプレミアム版の方が結局、長持ちする。

大体このぐらいです。洋服に限っては、めざせミニマリスト!の勢いです。「フランス人は10着しか服を持たない」という本の広告を以前電車の中で見かけて、読もうかどうか迷っているところです。

私の場合、職場がシステム系なので基本的に私服で、たまにスーツが必要な日もあるという程度です。また女性が少ないので細かくファッションチェックされるということがありません(事務系などで働いたことがないので勝手なイメージです。女性が多くても気にされない職場も多いとは思います)。したがって、職場用とプライベート用のファッションはほぼ同じ系統です。
ファッションにそこまで気を遣わなくてよい職場であることは、ラッキーだったなと思います。