30代の平均洋服代と節約術

30代で福祉業界に働く洋服代の平均と節約術

年齢は36歳です。今年の秋に37歳を迎えることになります。職業は高齢者福祉の業界にて営業職をしております。

毎月のお小遣いは、約8万円ほどです。独身ですので、生活費や貯金分などを差し引いた残りです。

 

1か月の洋服代は、平均して8千円程度です。年間合計で10万円いかない程度かな、と思います。

 

内訳ですが、季節ごとで使用する金額が全然違いますので、1か月ごとの内訳というよりも季節ごとの内訳のほうがわかりやすいと思いますので、以下、それを書きます。

春の洋服代について

長袖のシャツを中心に買い揃える時期です。Tシャツの上に羽織るワイシャツ系が多くなります。
ブランドにはもともと拘らないため、1着あたり3千円平均で、毎春2~3着くらいですので、1万円前後でしょうか。

夏の洋服代のについて

Tシャツが中心です。基本的に安いものを探して購入します。1着あたり千円いかない程度のものをネットや古着ショップで探して、欲しいものがあればあまり遠慮せずに購入することが多いです。

また、ハーフパンツやスポーツウェアの購入を行うこともありますので、毎夏1万~2万程度です。

秋の洋服代について

下着類や靴下などはこの時期に買い替えることが多いです。夏時期にダメになってしまったものを捨てるからでしょうか。単純に私自身の購買意欲があがる時期でもあるのかと思います。

また、パーカーが好きですので、この時期にいいパーカーを見つけると購入します。1着5千円~8千円程度ですかね。毎秋、おおよそ2万~3万使用していると思います。

冬の洋服代について

アウターやマフラー・手袋などの防寒具を購入します。アウターは3万円前後のものが多いので、トータルで4万円いかないほどです。以上のことから

春は1万円程度。
夏は2万円いかない程度
秋は3万円程度
冬は4万円程度ですので、合計して10万円いかない程度になるかと思います。

パンツは年間通して二本前後です。あまり拘りがないので、3千円~5千円程度で済ませるようにしていますが、たまにウン万円程度のジーパンが欲しくなったりして買ってしまうことがあります。

 

私なりの洋服代の節約術

 

洋服代の内訳については、前述したとおりですが、消耗の激しいものについては、安く済ませようと思っております。下着類やTシャツなどですね。

これらは、ネットでもあまり失敗せずに購入してますし(あまり海外の販売店を経由しないことがポイントですかね)、古着屋での購入も抵抗がないほうなので、安ければ3着で千五百円とかの購入もざらにあります。

あとは、いらなくなった洋服(着れない、ではなく、着ないもの)はある時に大きな袋などにまとめて、友人宅にもっていきます。友人宅にはそういった服を持ってくる人が何人かいるので、他の人が持ってきた袋の中から、好きなものがあれば持っていっていいというシステムになっています(笑)

ちなみに、それを管理している友人は、そこから好きな服を自由に持っていっているようです。

アウターなどの高いものや、これは今回のアンケートの洋服には含んでいませんが、仕事でスーツを着ることがあるので、それらは極力いいもの(といっても、1着3万円前後ですが)を購入し、大切に扱うようにしております。

普段も1着ばかり着ずに着まわしたり、きちんと毎回クローゼットにハンガーに掛けてしまったり。

オフシーズンにはクリーニングにだして、クローゼットで保管すると、あまり傷まずにしばらく着れます。

節約術といえるかわかりませんが、これで無駄な出費を抑えることができているのではないか、と私は感じております。

ちなみに靴は用途に合わせて購入していますが、運動靴に関しては、よっぽどダメにならない限りは穿き潰すようにしており、たまに靴紐を購入し、靴紐だけ変えて気分を変えるようにしています。

これだけでも、飽きたという理由で買い替えることがなくなりますので、節約になっていると思います。