30代の平均洋服代と節約術

欲しい服があったらまずはリサーチ。30代の働きながら子育てをするための節約方法

年齢は31歳で職業は金融関係の仕事をしており、毎月のお小遣いについては約20万くらいです。

以前は全て自分に使っていましたが、今は子供に何か買ったりもしています。

子どもができて変わった。服の買い方

1ヶ月に使う洋服代の額は多くて30万くらいで、少ない時は5万くらいです。金額が多い月は冬物を購入していて、内訳はコートが10万、ストールが10万、その他インナーやお洋服を購入していました。

コートは毎日同じコートにならないよう、ワンシーズンで3着程購入しており、毎日ローテーションしながら着るようにしています。

私はグランフロント大阪で洋服を買う事が多く、グランフロント大阪には好きなブランドが沢山が入っています。ロンハーマンやドゥロワーが特に好きで、他にもアーバンリサーチやジャーナルスタンダードでよくお買い物をしています。

前記のお店はお洋服の価格が高めですが、素材や質、デザインが素晴らしいので毎シーズン何点か購入しています。

若い頃は質より量といった感覚だったので、どこのブランドの服が好きといった事はなく、自分が良いなと思ったものを購入していました。歳を追い、子供ができた頃からはそういった感覚はなくなり、母らしい女性らしいお洋服が好きになっています。

夏は比較的物価が安価なので、冬に比べると出費は少ないです。購入品はインナーと仕事用のお洋服を数点購入していました。仕事用のお洋服はユニクロやローリーズファーム、ファストファッションのお店などで購入する事が多いです。

仕事用のお洋服はオフィスカジュアルなので、特に規制などはなく自由です。しかし毎日子供を送り迎えしたりしているのでお洋服がすぐに痛んで汚れてしまうので、それなりのものしか購入しません。

年間合計は160万程でした。今まで計算した事がなかったので、かなり驚きの金額です。年々お洋服がクローゼットに収納が出来なくなっている理由がわかりました。

欲しい服があるときはしっかりリサーチ

節約術は、どうしても今ほしいと思うお洋服は購入しますが、少しでも迷いがあればセールになるまで購入を控えるようにしています。

値段が下がるのを待つだけではなく、迷って購入したお洋服は着ないままになってしまったり、数回着て着なくなる事もあるので、それを防止する予防策も兼ねています。

セールはいつ始まるかわからないので、少し恥ずかしいですが、セールがいつになるのか、そのお洋服の売れ行き、在庫はどうなのかをお店の方にリサーチして、セールまで残っている可能性を予測します。

ただ、ドゥロワーのお洋服などは雑誌に掲載されている事や、元々の生産数が少ない事が多く、即完売してしまう事があるので、欲しいと思ったお洋服がセールになっていることはあまりありません。

どちらかというと、仕事用のお洋服を購入する際にこういった事をしています。
他には、アウトレットでお洋服を購入したりすると節約になります。

アウトレットの良いとことは、普段は絶対に買えない値段のハイブランドのお洋服を格安で購入出来る事です。

先日購入したドルチェ&ガッバーナのパーカーは、定価が10万程でしたが、アウトレットで半額、さらにセールになっていたので2万程で購入する事ができました。路面店では絶対に購入しないお洋服だったので、とても良いお買い物ができました。

もちろんハイブランドでなくても、アーバンリサーチなどのお店はアウトレット店があるので、気に入ったお洋服があれば購入しています。

さらに、私はいつもお支払い方法をカードで払うようにしているのですが、洋服代をクレジットカードで購入するとポイントが貯まるので、キャッシュで払うより節約になります。

私は楽天カードをメインで使っているのですが、ポイントで子供のおしめを購入したり、食品や日用品を購入しています。上手なお買い物でお得にお洋服が買えて満足です。